演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

食道癌(carcinosarcoma)術後リンパ節骨転移再発に対し救済骨転移巣切除を試みた1例

演題番号 : P44-10

[筆頭演者]
奥野 達哉:1,2,3 
[共同演者]
池田 篤紀:1、藤島 佳未:1、山田 恭考:1、今西 達也:2、中村 哲:2、西田 康太郎:3、村上 英樹:4、掛地 吉弘:2、東 健:1

1:神戸大学病院 消化器内科、2:神戸大学病院 食道胃腸外科、3:神戸大学病院 整形外科、4:金沢大学病院 整形外科

 

【症例】60代男性【主訴】特記事項なし【既往歴】特記事項なし【現病歴】2009年11月の他院での上部消化管内視鏡検査にて中部食道に長径6cmの隆起性病変を認め、早期食道癌(0-Ip+IIb:生検で当初SCC)と診断された。手術適応と考えられ、食道癌T1bN0M0 StageIbの診断で、当院食道胃腸外科にて2010年1月胸腔鏡下食道亜全摘術術施行。術後病理結果ではcarcinosarcoma(pTIb)で、#106recRリンパ節への転移も認め、術後補助療法として5FU+CDDP(FP)療法2コース施行後、経過観察されていた。2011年1月の造影CTで下行大動脈背側のリンパ節増大、及び同年3月のFDG-PET検査で下位胸椎(Th11)に高度集積を指摘され、食道癌術後化学療法後リンパ節、骨転移再発と診断された。2011年4月より7月までFP療法を計3コース行い、下行大動脈背側のリンパ節はCRを得たので、2011年10月他院にて胸椎(Th11)転移巣に対し腫瘍脊椎骨全摘術を施行した。術後当科で経過観察中であるが、リンパ節、骨転移巣共に再発は認めていない。【考察】骨転移を伴う再発食道癌患者に対する救済治療として、骨転移巣の外科的切除を行い、比較的予後良好と考えられた症例は稀であり、文献的考察を加え報告する。

キーワード

臓器別:食道

手法別:集学的治療

前へ戻る