演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

中・下咽頭癌の(化学)放射線治療後の原発巣再発に対する救済手術の検討

演題番号 : P38-7

[筆頭演者]
上條 朋之:1 
[共同演者]
鬼塚 哲郎:1、中川 雅裕:2、小野澤 祐輔:3、横田 知哉:3、小川 洋史:4、井上 啓太:2、五来 克也:2、飯田 善幸:1、福家 智仁:1、須田 稔士:1

1:静岡県立静岡がんセンター 頭頸部外科、2:静岡県立静岡がんセンター 再建・形成外科、3:静岡県立静岡がんセンター 消化器内科、4:静岡県立静岡がんセンター

 

進行中・下咽頭癌に対しての根治的化学放射線治療(CRT)後の原発巣救済手術を考える上で周術期の重篤な合併症のリスクや術後早期の再々発出現などの問題がある。今回、中・下咽頭癌に対する根治的(C)RT後の原発巣の遺残・再発に対して、当院で下咽頭・喉頭全摘出術を実施した症例の周術期合併症、予後などについて検討した。対象は2005年3月から2013年2月までに当院での初回治療後に再発・遺残を疑われた症例もしくは他院で根治(C)RT後の原発再発・遺残として当院に紹介された症例で、救済手術加療(下咽頭・喉頭全摘術)をした21例(男性19例、女性2例)とした。平均年齢は62.9歳(49~81歳)であった。初回治療時のT分類ではT1:1例、T2:4例、T3:8例、T4:7例、分類不明:1例で、Stage別ではStage1:0例、Stage2:1例、Stage3:4例、Stage4:15例、分類不明:1例であった。初回治療終了後救済手術するまでの期間は平均18.5ヶ月(中央値10.0ヶ月)あり、救済手術前に病理学的に腫瘍細胞を確認できた症例は9例、PET、CTなどの画像で再発・遺残と診断した症例は12例であった。摘出標本上、病理学的に腫瘍細胞を確認できなかった症例は3例あった。経口摂取再開までの期間、手術時間、出血量が新鮮例に較べてやや悪かったが、周術期に重篤な合併症を来した症例は認めなかった。最終転帰は無再発生存:12例、担癌生存:3例、他癌死:2例。原病死:4例であった。原病死および担癌生存症例の救済手術後に再々発を来すまでの期間は2ヶ月~2年1ヶ月(中央値5ヶ月)であった。今回の検討では、救済手術周術期に重篤な合併症をおこすことなく比較的安全に行うことができた。術後再々発来す場合、かなり早い時期に出現する傾向があり注意を要するが、どれも遠隔転移であり担癌状態のまま一定期間QOLを維持したまま自宅で過ごすことが可能であった。逆に、局所再発を疑っても最終病理では腫瘍細胞が確認されない場合もあり術前の充分な説明が必要である。慎重な対応は必要であるが、総じて中・下咽頭癌における(C)RT後の原発に対する救済手術は充分適応価値があると考えられた。

キーワード

臓器別:頭頸部

手法別:手術療法

前へ戻る