演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

当院がんライフサポートチームの取り組みと今後の課題

演題番号 : P34-2

[筆頭演者]
市原 香織:1 
[共同演者]
椎野 育恵:1、谷澤 久美:1、田村 恵子:1、豊川 晃弘:2、長谷川 恭久:2、重岡 靖:3、大谷 幸子:4、津田 有紀:5、岡田 努:6、岡田 光代:7、武藤 誠:8、藤井 理恵:9

1:淀川キリスト教病院 看護部、2:淀川キリスト教病院 外科、3:淀川キリスト教病院 腫瘍内科、4:淀川キリスト教病院 栄養管理課、5:淀川キリスト教病院 薬剤部、6:淀川キリスト教病院 リハビリテーション課、7:淀川キリスト教病院 心臓リハビリテーション、8:淀川キリスト教病院 精神神経科、9:ジャパンミッション宣教部

 

【目的】2011年10月にがんの診断時から患者と家族の療養生活をサポートするためにがんライフサポートチームが発足した。主な活動は、がん患者カウンセリング(以下カウンセリング)、相談支援、多職種とピアによるがんライフサポートプログラム(以下プログラム)の企画・運営である。2012年の活動の評価と課題について検討する。【方法】カウンセリングを実施し、治療方針の意思決定支援と共に継続支援としてプログラムを案内した。カウンセリング実施以外には、院内に案内ポスター、リーフレット設置、ホームページ等で広報活動を行った。一部のプログラムでは、参加者にアンケートを実施した。倫理的配慮は包括同意を得ており、アンケートに際しては、無記名で口頭での同意を得た。【結果】2012年4月〜2013年3月のカウンセリング実施患者は460名。がん相談支援室の来室者(院内)はのべ173名、内カウンセリング実施患者は、100名(58%)だった。各プログラムの参加者の総数はのべ284名、内カウンセリング実施患者は146名(52%)だった。参加者の内訳は、患者223名、家族49名、友人12名だった。各プログラムの参加人数は、がん体験者・家族による「患者サロン(3回/週)」77名、理学療法士による「リンパ浮腫予防教室(23回)」50名、健康運動指導士による「ストレッチ体操(22回)」35名、栄養士による「栄養教室(11回)」27名、薬剤師による「お薬教室(19回)」18名、チャプレンによる「心の安らぎコーナー(11回)」6名だった。がんの基礎知識、医療制度、緩和ケア等のテーマ別講義と茶話会形式の「がん患者と共に学ぶ会(5回)」72名が参加した。アンケートでは(回収率71%)、会が「役立つ90%」「どちらともいえない8%」「役立たない2%」だった。今後も会に「参加したい80%」「どちらともいえない20%」だった。【考察】カウンセリング実施後の継続的な支援としてプログラムは利用されていた。また、広報活動によりカウンセリング実施患者以外の利用にもつながった。参加人数は、相談支援、患者サロンが多く、相談できる場、体験者が語り合える場の重要性が示唆された。また運動や栄養に関する参加人数も多く、ニーズに適していたと考えられる。「がん患者と共に学ぶ会」は、参加者の評価が高く療養生活に役立つことが示唆された。一方、心のケアに関する参加は少なく、何らかの躊躇があったと推察される。案内を具体的に示したり、運営方法を見直す必要がある。

キーワード

臓器別:その他

手法別:チーム医療

前へ戻る