演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

ラットを用いた抗がん剤誘発神経障害性疼痛モデルに対するオピオイド鎮痛薬の有効性

演題番号 : P101-1

[筆頭演者]
蒲原 智絵:1,2 
[共同演者]
中邨 篤史:1、長谷川 稔:1、芝崎 真裕:2、森 友久:2、鈴木 勉:2、阪口 岳:1、金政 利幸:1

1:塩野義製薬株式会社 創薬・疾患研究所、2:星薬科大学 薬品毒性学教室

 

【背景・目的】乳がんなどの治療薬としてパクリタキセルが、また大腸がんの治療薬としてオキサリプラチンが使用されているが、その副作用として冷感・機械性アロディニア、痛覚過敏などの末梢神経障害性疼痛が大きな問題となっており、有効な疼痛治療法が望まれている。近年、臨床において抗がん剤誘発末梢神経障害性疼痛に対するオキシコドンの有効性が報告された。そこで本研究では、パクリタキセルおよびオキサリプラチン誘発神経障害性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の有効性を動物モデルにより明らかにする事を目的とした。【方法】ラットにパクリタキセルまたはオキサリプラチンを複数回投与することにより抗がん剤誘発神経障害性疼痛モデルを作製し、モルヒネ、オキシコドン、及びフェンタニルの投与による鎮痛作用は機械性アロディニアを指標とした von Frey hair test にて評価を行った。各オピオイド鎮痛薬により鎮静状態を示した個体のデータは鎮痛作用の解析から除外した。また各オピオイド鎮痛薬によるμオピオイド受容体(MOR)活性化機能はGTPγS binding assayに従い測定を行った。【結果】パクリタキセルモデルで認められるアロディニアに対して3つのオピオイド鎮痛薬は用量依存的かつ強力な鎮痛作用を示した。一方、オキサリプラチンモデルにおける鎮痛最大値(sham-saline群の値までの回復を100%と定義)はオキシコドンで84% (@0.56mg/kg)、モルヒネで68% (@3mg/kg)を示したが、フェンタニルの鎮痛最大値は28%(@0.03mg/kg)と限定的であった。さらにオキサリプラチンモデルにおけるオピオイド鎮痛薬の薬効差のメカニズム解析のため、オピオイド鎮痛薬の鎮痛発現に重要な部位の一つである視床内側においてMOR活性化機能を測定したところ、モルヒネおよびオキシコドンはオキサリプラチンモデルで影響を受けなかったのに対し、フェンタニルの活性化機能は有意に減弱していた。【まとめ】ラットにおけるパクリタキセル誘発神経障害性疼痛に対していずれのオピオイド鎮痛薬も有効であることが示された。一方、今回用いた用量範囲内においてオキサリプラチン誘発神経障害性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の有効性が異なる事が示唆された。またこれらオピオイド鎮痛薬の有効性の違いは、一部、MOR活性化機能の違いに起因する可能性が示唆された。

キーワード

臓器別:その他

手法別:トランスレーショナルリサーチ

前へ戻る