演題抄録

臓器別シンポジウム

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

CDTMへの取り組み~化学療法ホットライン

演題番号 : OS14-2

[筆頭演者]
板垣 麻衣:1 

1:国立がん研究セ東病

 

近年 「医師と薬剤師の文書合意に基づく薬剤師による薬物治療管理 (CDTM)」が掲げられている。本演題では国立がん研究センター東病院(以下、当院)での外来化学療法における取り組みを紹介するとともに、CDTMの実現可能性について言及したい。外来化学療法ホットライン(以下HL)は当院通院治療センター薬剤師と看護師により開始された副作用相談電話である。患者から相談が来た場合、薬剤師は必要に応じて対応する薬剤の内服指示を行う。しかし同一の症状でも原因は多岐に渡る。そこで対応に統一性をもたせるため、各症状に対するフローチャートを医師、看護師と検討を行い作成した。当院ではこのフローチャートをCDTMの概念におけるプロトコールと位置付け、フローチャートに従いトリアージを施行、必要に応じて薬剤の内服や経過観察の指示や担当医への受診可否の相談を実施している。当院医師に行ったアンケートでは、90%の医師が「HLは適切な判断ができている」と評価し、薬剤師が対応することで患者が相談しやすくなり、副作用の早期対応に繋がるとの意見であった。当院HLは薬剤師が患者の副作用について十分対応しうること、CDTMを実践しうることを示唆する試みであろう。

前へ戻る