演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

治癒切除不能大腸癌に対するXELOX+Bevacizumab(BV)療法後のCapecitabine+BV維持療法

演題番号 : O91-3

[筆頭演者]
杉本 真一:1 
[共同演者]
山本 徹:2、百留 亮治:2、平原 典幸:2、徳家 敦夫:1、林 彦多:3、五十嵐 雅彦:3、佐藤 仁俊:4、田窪 健二:4、栗栖 泰郎:5、永井 聡:5、田島 義証:2

1:島根県立中央病院 、2:島根大学医学部 、3:益田地域医療センター医師会病院、4:松江赤十字病院、5:国立病院機構 浜田医療センター

 

【背景・目的】切除不能進行・再発大腸癌の治療において、オキサリプラチン(L-OHP)の重篤な末梢神経障害を抑える工夫として、OPTIMOX1で有用性が確認されたL-OHP休薬によるStop & Go投与法が報告されている。そこで、近年、標準治療として確立しているXELOX+ベバシズマブ(BV)療法におけるStop & Go投与法の有効性と安全性を検討する第II相臨床試験をShimane Gastroenterological Cancer Study Group(SGCGS C-01試験)にて実施した。【方法】進行・再発大腸癌に対する1次治療としてXELOX+BV導入療法(XEL:2000 mg/m2 day1-15、L-OHP:130 mg/m2 day1、BV:7.5 mg/kg day1、3週毎)を4サイクル施行し、増悪が認められない場合にL-OHPを休薬してカペシタビン+BV維持療法(XEL:2000 mg/m2 day1-15、BV:7.5 mg/kg day1)を行い、増悪後にL-OHPを再導入して、増悪までの継続をプロトコール治療とした。主要評価項目は登録からL-OHP再導入後の増悪までの期間を病勢コントロール期間(DDC)と定義し、副次評価項目として無増悪生存期間(PFS)、導入療法の奏効率、L-OHPの再導入率、L-OHP再導入による奏効率、全生存期間(OS)、安全性を検討する。【結果】2012年4月現在で22例が登録され、20例を有効性、18例を安全性の解析対象とした。患者背景は年齢中央値が66歳、男:女=11:9、結腸:直腸=14:6、KRAS野生型:変異型:不明=10:4:6、PS 0:1:2=18:1:1、切除不能:進行再発=18:2、転移巣 肝:肺:腹膜:その他=16:7:2:1であった。主要評価項目であるDDCは中央値に到達せず、副次評価項目であるPFS中央値は10.7ヶ月、導入療法の奏効率は45%、維持療法からL-OHPの再導入率は27%、OSは中央値に達しなかった。高頻度の有害事象は末梢神経障害67%、手足症候群39%、好中球減少44%であるが、いずれもGrade1-2であった。Grade3以上の有害事象は高血圧6%、下痢6%、食欲不振6%、血小板減少6%、ALT上昇6%認められたが、いずれも管理可能であった。本試験によって、XELOX+BV療法によるStop & Go投与法の治療戦略の有用性が示唆されたが、今後の追加登録症例を重ね随時、解析結果を報告する予定である。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る