演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

転移性大腸癌に対するXELOX+BV療法→XEL+BV維持療法の治療戦略

演題番号 : O89-5

[筆頭演者]
豊川 晃弘:1 
[共同演者]
李 東河:1、原 由布子:1、上田 悠貴:1、白川 幸代:1、粟津 正英:1、國久 智成:1、若原 智之:1、芦谷 博史:1、土田 忍:1、長谷川 恭久:1、津田 有紀:4、高下 智子:4、椎野 育恵:2、重岡 靖:3

1:淀川キリスト教病院 外科、2:淀川キリスト教病院 看護部、3:淀川キリスト教病院 腫瘍内科、4:淀川キリスト教病院 薬剤部

 

【背景·目的】XELOX+BV療法は切除不能進行・再発大腸癌患者の標準治療として広く使用されている。しかしながらオキサリプラチン(OX)の末梢神経毒性は、治療継続困難の大きな要因となっている。その治療継続性を克服するためにOXのstop & goの有用性が報告されている。そこで当院における実臨床下でOX 休薬のXELOX+BV療法→Xeloda+BV(XEL+BV)維持療法の有用性について検討したので報告する。【対象】当院にて2009年9月から2013年3月末までに1次治療としてXELOX+BV療法を開始した切除不能進行・再発大腸癌の67例を対象としてOX 休薬後の維持療法としてのXEL+BV療法の有効性、安全性についてretrospectiveに検討した。【方法・評価】当院ではXELOX+BV療法として末梢神経障害に留意しXELOX+BVを4-6サイクル施行し、腫瘍増悪が認められない場合に、維持療法としてXEL+BV投与に移行する。XEL+BVで増悪後、OX再導入療法としてXELOX+BVに移行し、増悪するまで治療を継続する治療戦略で行った。有効性評価として病勢コントロール期間(OX再導入例ではOX再導入後の増悪までの期間、OX非再導入例では増悪までの期間)、無増悪生存期間、有害事象、抗腫瘍効果、OX再導入率について検討を行った。【結 果】患者背景は年齢中央値:66.4歳(40-83)、性別 男/女:40/27、PS0/1/2:61/5/1であった。XELOX+BV療法の平均投与回数:6回(4-12)、XEL+BV維持療法の平均投与回数12回(6-20) 、OX再導入後のXELOX+BV療法の平均投与回数:6回(2-8)であった。奏効率は63.2%、PFS中央値は325日、病勢コントロール期間は353.0日であった。BV特有の有害事象はG3以上で蛋白尿1例、高血圧2例であった。OX再導入は30/67(44.8%)、OX再導入で3例にアナフィラキシーを認めた。【結 論】進行・再発大腸癌に対するXEL+BV維持療法は比較的長期の治療継続性が可能であり、OX休薬時の投与法として有用であると考えられた。XELOX+BV療法→XEL+BV維持療法の治療戦略により実臨床下で1次治療期間を延長させる事が確認され、良好な治療期間を得る事が示された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る