演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

進行/再発大腸癌初回治療XELOX+ベバシズマブ施行例の治療継続性に関するコホート研究

演題番号 : O89-4

[筆頭演者]
池田 房夫:1 
[共同演者]
小高 雅人:2、生本 太郎:2、辻江 正樹:3、吉岡 慎一:3、仲本 嘉彦:4、石井 孝明:5、後藤 沙織:6、伊丹 淳:7、加藤 健志:8

1:公立甲賀病院 外科、2:佐野病院 消化器センター、3:兵庫県立西宮病院 外科、4:神戸市立医療センター西市民病院 外科、5:神戸掖済会病院 外科、6:大阪府済生会野江病院 外科4、7:西神戸医療センター 外科、8:関西労災病院 下部消化器外科

 

【背景】進行・再発大腸癌に対する化学療法は、Irinotecan、Oxaliplatinに加えて、抗VEGF抗体、抗EGFR抗体などの分子標的薬の登場で著しく進歩した。生存期間の延長には、これらを組合せた治療の継続性が重要である。【方法】進行・再発大腸癌初回化学療法としてのXELOX+ベバシズマブ(BV)療法の治療継続性を観察することを目的とし、初回化学療法XELOX+BV施行例40例の前向き観察研究を実施した。評価項目は、施行状況、奏効率、切除率、肝切除率、治療成功期間(TTF; time to treatment-failure)、無増悪生存期間(PFS; progression-free survival)、全生存期間(OS; Overall survival)、有害事象の発生割合とした。適格規準は、1) 組織学的に大腸癌であることが確認されている、2) 評価可能病変を有する、3) 初回治療の進行・再発の大腸癌である、4) XELOX+BV施行が可能な全身状態を有すると判断される、5) 患者より本研究に参加することについて文書同意が得られている、とした。予定登録数:40例、登録期間:2年、追跡期間:登録終了後2年とした。【結果】2010年7月~2012年6月の2年間に40例が登録された。39例(2013年4月までにCase Report Form(CRF)未回収であった1例を除く)の患者背景は男/女24/15例、年齢中央値64歳(35-84歳)、PS 0/1/2 32/6/1例、結腸癌/直腸癌23/16例、化学療法開始時原発巣の有無4/35例、転移再発巣 肝/肺/遠隔リンパ節/腹膜/局所 23/16/6/7/5例、転移再発臓器数 1臓器/2臓器/3臓器 25/9/5例、KRAS 野生型/変異型/不明 5/10/24例であった。39例の奏効率は56.4%(CR6例、PR16例)、切除率は23.1%(肝5例、肺2例、局所2例)、肝切除率は12.8%であった。39例のTTF中央値は5.5ヶ月(95%信頼区間; 3.6ヶ月-9.2ヶ月)であり、治療終了理由はCR 4例、切除9例(肝5例、肺2例、局所2例)、増悪12例、有害事象5例、患者都合6例であった。2013年4月現在治療継続症例が3例ある。2013年4月までに予後調査に関するCRF回収が可能であった30例において、PFS中央値は13.6ヶ月(95%信頼区間; 9.7ヶ月-23.8ヶ月)、OS中央値は未到達であった。【結語】今回、既報と比較して、治療継続の指標であるTTF中央値は5.5ヶ月と同等であったにもかかわらず、PFS中央値が13.6ヶ月と延長していたのは、4例のCR例、9例の切除例におけるChemo-free Intervalによると考えられた。2013年10月までに予後調査を進め全例の結果を報告する。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る