演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

IRIS・IRIS/Bevの有効性比較:2つの独立した第II相試験の比較検討:HGCSG

演題番号 : O89-2

[筆頭演者]
畑中 一映:1 
[共同演者]
結城 敏志:2、福島 拓:2、原田 一顕:2、中村 路夫:3、工藤 峰生:4、舘山 美樹:5、宮城島 拓人:6、加藤 貴司:7、岩永 一郎:8、赤倉 伸亮:9、高木 智史:9、宮下 憲暢:9、坂田 優:10、小松 嘉人:2

1:市立函館病院 消化器内科、2:北海道大学病院 消化器内科/腫瘍センター、3:市立札幌病院 消化器内科、4:札幌北楡病院 消化器科、5:苫小牧日翔病院 内科、6:釧路労災病院 消化器内科、7:北海道消化器科病院 内科、8:北見赤十字病院 消化器内科、9:北海道消化器癌化学療法研究会、10:三沢市立三沢病院

 

背景:切除不能進行・再発結腸直腸癌に対する一次治療としてのIRIS(Irinotecan/S-1:Komatsu Y, et al. Oncology, 2011)と、IRIS/Bev(IRIS/Bevacizumab:Komatsu Y, et al. Acta Oncol, 2012/Yuki S, et al. 2013 ASCO-GI)に関して、第II相試験の結果を報告してきた。北海道消化器癌化学療法研究会で行った、これら2つの独立した試験結果を後方視的に比較検討を行った。
方法:両試験とも組織学的に確定診断のついた切除不能例で、全身化学療法歴のない症例が登録された。IRISはS-1は40-60mg/回を1日2回14 日間内服し、14 日間休薬。Irinotecan 100mg/m2を1 日目・15 日目に点滴静注し、28 日を1 サイクルとして繰り返した。IRIS/BevはIRIS療法の1日目/15日目にBevacizumab 5mg/kgの点滴静注を加えて投与した。両試験の全登録症例を、各因子に対してLog-rank検定を用いて単変量解析を行い、p=0.2以下であった因子に関してCox比例ハザードモデルを用いて多変量解析を行った。
結果:IRIS(n=40)、IRIS/Bev(n=52)の2試験で全92例が登録された。患者背景は両試験間で概ね近似していたが、IRIS/BevにおいてPS良好な症例、転移臓器個数の少ない症例が多く登録されていた。IRIS、IRIS/Bevの生存期間中央値はそれぞれ23.4ヶ月、39.6ヶ月であり、統計学的有意差を認めた(p<0.001)。同様に無増悪生存期間(PFS)中央値はそれぞれ8.6ヶ月、17.0ヶ月であった(p<0.001)。奏効率に関してはそれぞれ52.5%、63.5%と有意差を認めなかった(p=0.393)。PFS、全生存期間(OS)に関して多変量解析を行ったところ、それぞれBevacizumabの投与有無において有意差を認めた(PFS:HR 0.393(0.235-0.657), p<0.001、OS:HR 0.410(0.237-0.707), p=0.001)。
結語:今回行った後方視的比較検討では、切除不能進行・再発結腸直腸癌の一次治療において、IRIS療法にBevacizumabを加えることでOS/PFSが改善することが示唆された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:分子標的治療

前へ戻る