演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

大腸癌補助化学療法アンケート調査-オキサリプラチンのリスクベネフィットバランス

演題番号 : O88-1

[筆頭演者]
谷口 浩也:1 
[共同演者]
成田 有季哉:1、小森 康司:2、木村 賢哉:2、木下 敬史:2、小森 梓:1、上垣 史緒理:1、野村 基雄:1、新田 壮平:1、山口 和久:1、門脇 重憲:1、高張 大亮:1、宇良 敬:1、安藤 正志:1、室 圭:1,3

1:愛知県がんセ中央病 薬物療法部、2:愛知県がんセ中央病 消化器外科部、3:NPO法人愛知キャンサーネットワーク

 

【背景】Stage III大腸癌術後補助化学療法(補化療)としてのFOLFOX/CapeOX療法(Ox)は5FU+LVと比較し再発リスクを相対的に約20%低下させることが示されている。本邦ガイドラインではUFT+LV(UL)、Capecitabine(C)も推奨され、UL・CとS-1(S)の比較試験が行われている。【目的】補化療を受けた大腸癌生存者のQOLと副作用の程度、医療者の意識との違いを明らかにし、Oxのリスクベネフィットバランスを考察する。【対象と方法】補化療を受け再発を認めない大腸癌患者(Pt)、化学療法に携わる医師(Dr)・看護師(Ns)を対象に匿名自記式アンケートを実施。評価項目は、Ptへ(1)現在のQOL(EQ5D)、(2)現在の感覚性末梢神経障害(CTCAE、FACT/GOG Oxaliplatin Specific Neurotoxicity質問票(NTX-12))、(3)実際に受けた補化療時の副作用(各副作用・総合評価を3段階評価)。医療者へは(4)普段治療に携わっている中でOx, S, Cが副作用強, 中, 弱のいずれに該当すると思うかを質問した。【結果】Ptは当院患者144人 (回収率86%)、Dr 4施設54人、Ns 4施設84人から回答を得た。Ptは年齢中央値61歳, Stage II/III/IV 6/127/11, 術後からの経過期間中央値2.8年, 補化療レジメン UL/C/S/Ox/他 25/39/31/26/23。Pt(1)-EQ5D平均値は、Ox群0.877, UL群0.963, C群0.968, S群0.941とOx群はC群・UL群と比較してやや低値であるが全体に良好。(2)-CTCAE Gr1・2割合はOx群65%, UL群4%, C群13%, S群19%、NTX-12平均値はOx群 8.2, UL群1.3, C群1.5, S群2.1とOx群で不良。(3)-副作用強・中と回答したPtの割合は、手足症候群はC群(56%)、しびれはOx群(88%)が高く、食欲不振/悪心はUL群(21%/17%)やC群(33%/28%)と比較してS群(52%/48%)で高い傾向。総合評価として、副作用強/中/弱と回答したPtの割合はそれぞれOx群8%/81%/12%, UL群4%/25%/71%, C群3%/46%/50%, S群23%/57%/20%であり、副作用の強さは概ねOx=S, C, Uの順。(4)一方で、医療者の評価は、Oxを副作用強/中と回答したのはDrの39%/60%, Nsの43%/52%、C, Sを副作用中と回答したのはDrの74%, Nsの84%であり、Ptの回答と乖離があった。【結論】Oxを受けたPtは、81%が全体の副作用を中と回答し、感覚性末梢神経障害の残存割合が高いもののQOLは良好であった。Oxによる再発リスク低下への上乗せが約20%であることを考慮すると、補化療におけるOxのリスクベネフィットバランスは許容できると考えられた。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る