演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

L-OHP間歇投与法による蓄積性末梢神経障害の改善効果の検討(T-CORE0901試験)

演題番号 : O86-4

[筆頭演者]
加藤 俊介:1 
[共同演者]
蒲生 真紀夫:2、進藤 吉明:3、角道 祐一:1、安田 勝洋:4、塩野 雅俊:1、黒木 実智雄:5、西條 憲:1、大堀 久詔:2、横山 直弘:3、高畑 武功:6、酒寄 真人:7、菅谷 明徳:8、吉岡 孝志:9、石岡 千加史:1

1:東北大加齢研臨床腫瘍学分野、2:大崎市民病腫瘍内科、3:中通総合病消化器外科、4:仙台医療セ腫瘍内科、5:山形市立病済生館消化器内科、6:弘前大院医腫瘍内科学講座、7:宮城県立がんセ腫瘍内科、8:茨城県立中央病茨城地がんセ消化器内科、9:山形大医臨床腫瘍講座

 

<背景>ベバシズマブ併用によるオキザリプラチンベースの化学療法(Bev+FOLFOX療法やBev+CapeOX療法)は進行再発大腸がんに対する標準的化学療法の一つであるが、病勢コントロール期間の延長に伴い、オキザリプラチンによる蓄積性末梢神経障害は治療の支障となる。欧米で行われたCONcePT試験では、Bev+FOLFOX7療法とBev+sLV5FU2療法を間欠的に行うことで、Bev+FOLFOX7療法のみを連続して行う場合よりも有意に治療成功期間が延長することが報告されたが、日本人におけるオキザリプラチンの間欠的投与方法の有用性は定まっていない。我々は日本人進行再発大腸がん症例を対象とし、全治療期間における無増悪生存期間を主要評価項目とした、Bev+m FOLFOX6療法(6コース)とBev+sLV5FU2療法(6コース)の間欠的投与(以下FOLFOX群)、あるいは、Bev+CapeOX療法(4コース)とBev+Capecitabin療法(4コース)の間欠的投与(以下CapeOX群)の第II相試験を行い、その有用性について報告してきた (UMIN試験登録000002042)。今回、この試験登録患者を対象に、12週間のオキザリプラチン休薬による蓄積性末梢神経障害の改善効果についての評価を行った。<方法>2009年6月~2012年3月までに登録が得られた治癒切除不能の日本人進行・再発結腸・直腸癌65例(FOLFOX群 49例、CapeOX群 19例)を対象にしてオキザリプラチン休薬による蓄積性末梢神経障害の改善効果について評価を行った。<結果> 主要評価項目の無増悪生存期間の中央値は347日(95%信頼区間 286-462日)であった。副次評価項目の抗腫瘍効果は51.6%、病勢コントロール率は98.3%であった。治療成功期間の中央値は229日(95%信頼区間 187-263日)であり、生存期間の中央値は未達であった。治療中止理由は有害事象と増悪がほぼ同数であった。オキザリプラチンの再導入は37症例で行われた。オキザリプラチンの再導入時における蓄積性の末梢神経障害は26症例で認められ、11症例では導入前と比べ症状の改善が認められた。しかし8症例においては休薬前より症状の悪化を訴えていた<考察>ベバシズマブ併用オキザリプラチンベース化学療法におけるオキザリプラチン間欠的投与は日本人においても有効な方法と考えられたが、Bev+m FOLFOX6療法(6コース)あるいはBev+CapeOX療法(4コース)投与後の12週のオキザリプラチンの休薬期間は、蓄積性末梢神経障害の改善には十分ではないと考えられた。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:臨床試験

前へ戻る