演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

カルペリチドにおける肝細胞癌腫瘍抑制効果の検討

演題番号 : O81-5

[筆頭演者]
竹崎 由佳:1 
[共同演者]
北川 博之:1、宗景 匡哉:1、金子 洋平:1、花崎 和弘:1

1:高知大学医学部 外科学講座外科1

 

背景:肝細胞癌は治癒切除後であっても再発率は高く、再発しても肝切除やラジオ波焼灼などの根治的治療が可能であれば比較的予後良好である。しかし適切な再治療法が無い場合の予後は極めて悪い。最近、IL-6やcGMPは肝臓において炎症反応を誘発して肝細胞死を起こすのと同時に肝臓の再生を促す働きがあると報告されている。また、慢性肝炎では肝細胞死を繰り返し起こることによって遺伝子に異常が蓄積し、癌化につながると考えられている。以前、カルペリチドを用いて臨床試験において術後のIL-6が投与群で有意に低下しcGMPの産生を確認した。また術後投与群間で腫瘍マーカーも有意に低下した。そこで我々は肝細胞癌へ更に抗腫瘍効果を誘導するためカルペリチドを用いた検討を行った。方法:SDラットに四塩化炭素を投与し肝臓癌を発生させた。カルペリチド投与群と非投与群の2群に分別し比較検討を行った。結果:カルペリチド投薬群・非投薬群で比較検討を行ったところ腫瘍サイズ、腫瘍の重さ共に有意な減少傾向が見られ、生存期間の延長を認めた。結語と考察:IL-6を制御しcGMPを産生することにより肝細胞死を減少化させ肝細胞保護作用により肝細胞癌を抑制する可能性が示唆された。今後カルペリチドにより患者の予後の改善に一定の効果が期待される。現在我々カルペリチドによる薬理学的効果における責任シグナル伝達系を解析中である。

キーワード

臓器別:肝臓

手法別:基礎腫瘍学

前へ戻る