演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

再発卵巣明細胞腺癌(CCC)に対するtemsirolimus, trabectedin併用療法の効果

演題番号 : O71-5

[筆頭演者]
高野 政志:1,2 
[共同演者]
古宇田 裕子:2、池田 悠至:2,3,4、佐々木 直樹:1,2、工藤 一弥:2,5、喜多 恒和:2,6、後藤 友子:1、菊池 良子:7、古谷 健一:1、菊池 義公:2

1:防衛医科大学校病院 産科婦人科、2:大木記念女性のための菊池がんクリニック婦人科、3:埼玉医大国際医療センター婦人科腫瘍科、4:東京大学医学部附属病院女性診療科・産科/女性外科、5:国立病院機構西埼玉中央病院産婦人科、6:奈良県立奈良病院産婦人科、7:防衛医科大学校 病態病理講座

 

目的: 卵巣明細胞腺癌(CCC)は化学療法抵抗性であるが、再発例ではさらに奏効率は低く、10%程度である。CCCで高発現とされるMammalian target of rapamycin (mTOR) 阻害剤であるtemsirolimus、ならびにプラチナ抵抗性卵巣癌に有効とされるtrabectedinはともにCCCに対して期待される薬剤である。再発CCCに対する両剤併用療法の効果・副作用を検討した。方法: 再発CCCに対してtemsirolimus(10mg/m2)、trabectedin(0.15mg/m2)の毎週投与を副作用中止/PDとなるまで継続した。効果判定はRECIST、副作用はNCI-CTCAEで判定した。検討レジメンは施設IRBで承認をうけ、本人より文書による同意を得てから投与した。結果: 計12症例が治療をうけた。11例が前治療抵抗性、かつプラチナ抵抗性再発であった。年齢中央値は60歳(42-69)、前治療レジメン数中央値は3サイクル(1-5)であった。全例がRECIST、CTCAE評価可能であった。CR1例(8%)、PR1例(8%)、SD4例(33%)、PD6例(50%)であった。奏効期間中央値は3.5ヶ月(3-12+)で、副作用はGrade2以上のものはなかった。結論: temsirolimus, trabectedin併用療法は再発CCCに対して有効であり、かつ毒性も低かった。今後、さらに検討されうるレジメンと考えられる。

キーワード

臓器別:卵巣

手法別:化学療法

前へ戻る