演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

低侵襲化を志向した腹膜外骨盤傍大動脈リンパ節郭清を含む子宮体癌根治術の有用性

演題番号 : O69-1

[筆頭演者]
小宮山 慎一:1 
[共同演者]
砂川 空広:1、山本 泰弘:1、久布白 兼行:1

1:東邦大学医療センター大橋病院 産科婦人科

 

【目的】われわれは子宮体癌手術の低侵襲化を志向して、腹膜外アプローチによる骨盤・傍大動脈リンパ節郭清(Ep-PLN+PAN)を含む子宮体癌根治術を施行している。本術式の有用性について検討した。【方法】対象はインフォームド・コンセントが得られ本術式を施行した子宮体癌12例で、従来法(腹膜内アプローチ)による骨盤・傍大動脈リンパ節郭清を含む根治術を施行した子宮体癌例を対照とし、周術期関連因子について比較した。【成績】年齢、BMI、総手術時間は相違なかったものの、開腹時間(腹膜開放時間)、術後初回排ガスまでの時間は有意に短縮し、術中出血量は有意に少なかった。また全例が臍下もしくは臍横から恥骨に至る小さな皮切で施行可能であった。さらに後腹膜ドレーンの全抜去日は短縮傾向を認め、術後第8病日までには全例が退院可能であった。一方、摘出リンパ節数は骨盤リンパ節数および傍大動脈リンパ節数ともに、従来法と遜色なかった。【結論】腹膜外アプローチによる骨盤・傍大動脈リンパ節郭清を含む子宮体癌根治術は十分許容できる術式であり、従来法に比べ根治性を担保した上で、手術侵襲を大きく軽減させることが可能な術式であると考えられた。

キーワード

臓器別:子宮

手法別:手術療法

前へ戻る