演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

進行下部直腸癌に対するS-1、UFT併用術前化学放射線療法の予後

演題番号 : O64-6

[筆頭演者]
西 正暁:1 
[共同演者]
島田 光生:1、佐藤 宏彦:1、栗田 信浩:1、岩田 貴:1、吉川 幸造:1、東島 潤:1、近清 素也:1、徳永 卓哉:1、高須 千枝:1、柏原 秀也:1、松本 規子:1、江藤 祥平:1

1:徳島大 外科学

 

【はじめに】進行下部直腸癌に対して欧米では術前化学放射線療法(CRT)と適切なcircumferential resection marginを確保する全直腸間膜切除術(TME)が推奨されているのに対して、本邦では自律神経温存側方郭清術が推奨されておりCRT+TMEのエビデンスは少ない。我々はこれまでに下部直腸癌に対する無作為比較試験(第2相、UMIN000001704) を行い、S-1、UFT併用術前CRT+TMEの治療効果と安全性について報告してきた(Journal of Cancer Therapy 2012)。今回、局所進行下部直腸癌に対するS-1、UFT併用術前CRT+TMEの長期成績について検討を行った。【対象・方法】2003年以降、局所進行下部直腸癌(cT2-4)と診断され、当科でS-1(80mg/m2)、UFT(300mg/m2)に放射線療法(体外4門照射40Gy)を併用し、CRTを施行した70例を対象とし、その長期成績を検討した。【結果】性別は男性50例、女性20例、年齢は67歳(41-86)、腫瘍径30mm(6-65)、fStageは0/I/II/IIIa/IIIb=5/21/25/10/9例、分化度はtub1/tub2/por1=31/37/2であった。アプロ-チ法は開腹/腹腔鏡=12/58例、開腹移行は1例、術式はLAR/ISR/APR=27/14/29例、肛門温存率は59.0%で、手術時間は362分(120-724)、出血量は358ml(10-2650)で、術後入院期間は31日(9-119)であった。術後合併症は38.0%、うち縫合不全はClavien-Dindo分類(C-D) I,IIは20.0%(前期:25.0%、後期:15.0%)、C-D IIIaは0.0%であった。吻合部狭窄率は22.0%、一時的人工肛門閉鎖率は62.5%、再造設率は21.5%、会陰創感染率は28.5%(前期:43.0%、後期:14.0%)で種々の工夫により後期には改善傾向を認めた。3ヶ月以内の死亡例は認めなかった。組織学的Gradeは0/1a/1b/2/3=1/24/16/23/6例、根治度はA/B=65/5例であった。Stage別5年全生存率は0/I/II/IIIa/IIIb=100/100/96/100/44%(観察期間中央値:41ヶ月)で、3年無再発生存率は0/I/II/IIIa/IIIb=100/83/82/56/22%(観察期間中央値:36ヶ月)であった。再発症例は20例(28.6%)に認めた。局所再発は7例(10.0%)、再発部位は骨盤内リンパ節が5例 (7.1%)、仙骨前面が2例 (2.9%)であった。遠隔再発は15例(21.4%)で、肺が8例(11.4%)、肝臓が5例(7.1%)、遠隔リンパ節が2例(2.9%)であった。【結語】 進行下部直腸癌に対するS-1、UFT併用術前化学放射線療法(CRT)と全直腸間膜切除術(TME)は良好に局所制御ができ、さらに長期予後も良好であることが示された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:内視鏡手術

前へ戻る