演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

中下部進行直腸腺癌に対する術前化学放射線療法の効果予測因子の検索

演題番号 : O64-4

[筆頭演者]
鈴木 俊之:1 
[共同演者]
斎藤 剛太:1、岡田 和丈:1、田中 彰:1、中郡 聡夫:1、小澤 壯治:1、安田 聖栄:1、貞廣 莊太郎:1

1:東海大学 消化器外科

 

【はじめに】局所進行直腸腺癌に対する術前放射線を用いた集学的治療は, 局所再発を有意に抑制し, 欧米では標準治療法として確立している. また, 組織学的効果の顕著な症例では遠隔転移を含めて予後が良好なことが報告され, 信頼性のある効果予測因子の検索が続けられている. 【目的】術前放射線治療開始7日後後に採取した生検組織を用いて放射線治療の効果予測因子の検索を行った. 【対象・方法】術前化学放射線治療(CRT)施行後手術を行ったcT3/T4,Nx,M0またはcT2,N+,M0の中下部直腸腺癌119例を対象とした. 術前放射線照射は40/45Gy(1.8G-2.0Gy, 20-25回)で, UFTあるいはTS-1 の化学療法を併用した. 手術は放射線照射終了6-8週後に行った. CRT開始7日後に採取した生検組織のHE所見, proliferative index(Ki67),apoptosis, p53およびp21免疫染色所見と切除標本の組織学的効果(大腸癌取扱い規約), 注腸およびMRIより算出した腫瘍縮小率を対比した. 【結果】CRT開始7日後に採取した生検組織のGrade2, 3の頻度は, H-E染色した生検組織での中等度の変化90%, 軽度44%, アポト-シス陽性例87%, 陰性例59%, p21陽性例78%, 陰性例52%で,いずれも陽性例で有意に高頻度であった(p<0.01, p<0.01, p<0.01). 注腸, MRIで判定した腫瘍の縮小率はH-E染色での中等度変化56±12%, 77±15%, アポトーシス陽性例56±12%, 80±16%, p21陽性例53±13%, 74±18%で陰性例に比し有意に大きかった(p<0.01, p<0.01, p<0.01, p<0.01, p<0.01, p=0.05). 2011年3月までの89症例での検討では(観察期間の中央値44ヶ月), H-E染色で, 中等度の変化の症例の5年無再発生存率は83%, 生存率は98%, 変化が軽度の症例ではそれぞれ 62%, 85%で, 中等度の変化の症例は軽度に比し予後は良好であった(p=0.05, p=0.04). 【まとめ】術前CRTにおいて, 治療開始1週後の生検のH-E の変化は, 免疫組織学的染色のアポトーシス, p21の評価と同等の信頼性のある効果予測因子であった. また, CRT1週後のH-E染色標本の変化は, 予後と関連性が認められた.

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:放射線治療

前へ戻る