演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

下部直腸癌に対する新たな術前化学放射線療法の可能性について

演題番号 : O64-3

[筆頭演者]
佐藤 宏彦:1 
[共同演者]
島田 光生:1、栗田 信浩:1、岩田 貴:1、吉川 幸造:1、東島 潤:1、近清 素也:1、西 正暁:1、柏原 秀也:1、松本 規子:1、江藤 祥平:1

1:徳島大学消化器・移植外科

 

【目的】欧米では術前化学放射線療法(CRT)と全直腸間膜切除(TME)が直腸癌に対する標準術式とされている。併用化学療法は5-FUが標準であるが、L-OHPや分子標的薬を含めた新規抗癌剤が登場し、どの化学療法レジメンが最適であるかはcontroversial である。今回、我々は局所進行下部直腸癌に対するS-1/Oxaliplatin /Bevacizumab併用術前化学放射線療法の用量設定試験(第1相、UMIN000006937)を行い、S-1、UFT併用術前CRTと比較検討し、新しい知見を得たので報告する。【対象】2008〜2012年に経験したS-1/UFT群59例と2012〜13年に経験したS-1/Oxaliplatin/Bevacizumab群7例を対象として、臨床・病理学的奏効率と有害事象について比較検討した。【方法】S-1/UFT群はS-1(80mg/m2)、UFT(300mg/m2)、S-1/Oxaliplatin/Bevacizumab群はS-1(80mg/m2)、Oxaliplatin(40-60mg/m2)、Bevacizumab(5mg/kg)に体外4門照射40Gyを併用した。【結果】RECISTはSOX+Bev群:CR/PR/SD/PD=1/4/2/0、S-1/UFT群:CR/PR/SD/PD=1/32/26/0、臨床学的奏効率(CR、PR)はSOX+Bev群:71.4%、S-1/UFT群:55.9%(p=0.43)であった。組織学的GradeはSOX+Bev群:1a/1b/2/3=1/1/4/1、S-1/UFT群:1a/1b/2/3=13/16/27/3、組織学的奏効率(Grade2、3)はSOX+Bev群:71.4%、S-1/UFT群:41.4%(p=0.30)、pCR率はSOX+Bev群:14.3%、S-1/UFT群:5.2%(p=0.33)であった。Grade3/4の有害事象が認められたのはSOX+Bev群:0%、S-1/UFT群6.8%(p=0.48)であり、認められたgrade3/4の有害事象は下痢2例であった。【まとめ】S-1/Oxaliplatin /Bevacizumab群は1)臨床学的・組織学的奏効率においてS-1/UFT群より良好な傾向を認め、2)Grade3以上の有害事象はなく安全であった。【結語】局所進行下部直腸癌に対するS-1/Oxaliplatin /Bevacizumab併用術前化学放射線療法はS-1、UFT併用療法に比し、有用な可能性がある。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:集学的治療

前へ戻る