演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

進行下咽頭癌に対する根治的化学放射線療法の治療成績~多施設共同による後ろ向き研究

演題番号 : O60-6

[筆頭演者]
岩江 信法:1 
[共同演者]
林 隆一:2、大上 研二:3、本間 明宏:4、米澤 宏一郎:1、鬼塚 哲郎:5、長谷川 泰久:6、加藤 健吾:7、加藤 孝邦:8、太田 一郎:9、田原 信:2、藤井 正人:10

1:兵庫県立がんセ 頭頸部外科、2:国立がん研究セ東病 頭頸科、3:東海大 耳鼻咽喉科、4:北海道大 耳鼻咽喉科・頭頸部外科、5:静岡県立静岡がんセ 頭頸部外科、6:愛知県がんセ中央病 頭頸部外科、7:東北大 耳鼻咽喉・頭頸部外科、8:東京慈恵会医科大 耳鼻咽喉科、9:奈良県立医科大 耳鼻咽喉・頭頸部外科、10:国立病院機構東京医療セ 耳鼻咽喉科

 

【はじめに】JCOG頭頸部がんグループ参加18施設を対象としておこなわれたアンケートをもとに、病期進行下咽頭癌に対して施行された同時併用化学放射線治療症例について、後ろ向きに検討をおこなった。【対象】2006年4月から2008年3月の2年間にアンケート参加施設を初診し治療を受けた下咽頭癌新鮮例のうち、根治目的で化学放射線治療をおこなったStage III・IVA・IVB症例を対象とした。上記期間中の下咽頭癌新鮮例は全体で980症例であった。治療態度が判明している929例中、900/929例(97%)で根治的治療がおこなわれ、29/929例(3%)で非根治的あるいは無治療であった。根治治療を施行した900例のうち放射線主体の治療は496/900例(55%)におこなわれ、化学療法の同時併用は339/496例(68%)で選択されていた。339例中、Stage III/IVA/IVB症例は各々60/166/38例であり、これら合計264症例を検討の対象とした。【検討項目と方法】上記264症例について、全生存率を算出し、予後因子の解析をおこなった。生存分析にはKaplan-Meier法を用いた。また、年齢(70歳以上/未満)、亜部位(梨状陥凹/輪状後部と後壁)、喉頭固定(あり/なし)、輪状・甲状軟骨破壊(あり/なし)、リンパ節転移(N2-3/N0-1)、導入化学療法(あり/なし)を変数として、Cox比例ハザードモデルを用いた予後因子の解析をおこなった。【結果】根治的化学放射線治療施行症例の病期別5年全生存率は、Stage /III/IVA/IVBで各々 69.4/48.6/40.2%であった。多変量解析では、ハザード比/p値/95%信頼区間はそれぞれ、年齢が0.70/0.18/0.39‐1.17、亜部位が1.02/0.93/0.62‐1.82、喉頭固定が1.55/0.044/1.01‐2.37、輪状・甲状軟骨破壊が1.58/0.085/0.94‐2.60、リンパ節転移が2.32/0.0006/1.41‐4.03、導入化学療法が0.99/0.98/0.63‐1.53、であった。【結論】上記因子のなかでは、喉頭固定とN2-3症例が危険因子と考えられた。後ろ向き試験であるが、実臨床における化学放射線治療頻度や治療成績、予後因子に関して一定の傾向を把握することができた。今回の結果は今後の下咽頭癌に対する前向き試験の参考として有用と考えられる。

キーワード

臓器別:頭頸部

手法別:集学的治療

前へ戻る