演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

経直腸アプローチによる前立腺尖部腹側生検-超音波プローブ先端形状の比較-

演題番号 : O55-2

[筆頭演者]
野田 賢治郎:1 
[共同演者]
井上 敏史:2、細田 悟:2、山本 豊:2、相澤 卓:2、松本 哲夫:2、大鶴 礼彦:3

1:西東京中央総合病 泌尿器科、2:東京医大八王子医療セ 泌尿器科、3:新座志木中央総合病 泌尿器科

 

【目的】触知不能前立腺癌の診断において尖部腹側の生検の重要性が報告されている。経直腸アプローチでの尖部腹側の採取は困難とされていたが、生検方法の工夫により採取可能とする報告が散見される。経直腸超音波プローブの先端形状が尖部腹側生検に与える影響につき検討した。
【方法】対象は西東京中央総合病院および東京医大八王子医療センターで前立腺生検を施行した、初回生検、PSA4.1-10(平均6.3)ng/ml、直腸診正常の635例(平均年齢69歳)。組織は全て経直腸的に採取し、生検部位はparasagittalの6箇所、far lateralの4箇所、尖部腹側の2箇所の計12箇所とした。経直腸アプローチによる尖部腹側の採取は、矢状断を描出し、穿刺ラインを左右の尖部腹側に一致させるように走査し穿刺した。プローブは針の刺入角度の異なるバイプレーン型(BP群、BK medical type8808)とエンドファイヤー型(EF群、東芝 type PVL-625RT)を用いた。プローブ先端形状の異なる両群間の尖部腹側の癌検出率をchi square testを用いretrospectiveに比較、検討した。
【結果】BP/EF群は各々451/184例で、癌検出率は各々41%(184/451)/46%(84/184)と有意差はなかった(p=0.26)。尖部腹側より癌が検出された例はBP/EF群で各々15%(67/451)/17%(32/184)と同等で有意差はなかった(p=0.42)。尖部腹側のみより癌が検出された例もBP/EF群で各々3.1%(14/451)/3.8%(7/184)と同等で有意差はなかった(p=0.65)。
【結論】経直腸アプローチによる前立腺尖部腹側の採取は、超音波プローブの先端形状の影響をうけない安定した手技であると考えられた。

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:診断

前へ戻る