演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

高齢者進行NSCLCに対するpemetrexed/bevacizumab併用療法-忍容性試験- (TORG1015)

演題番号 : O46-3

[筆頭演者]
宮本 信吾:1 
[共同演者]
上月 稔幸:2、野上 尚之:2、北島 寛元:2、新海 哲:2、堺田 恵美子:3、滝口 裕一:3、榎本 泰典:4、加藤 晃史:4、小倉 高志:4、森田 智視:5、渡邉 古志郎:6

1:日本赤十字社医療セ 化学療法科、2:四国がんセ 呼吸器内科、3:千葉大院医学研究院 先端化学療法学、4:神奈川県立循環器呼吸器病セ 呼吸器内科、5:横浜市立大 臨床統計学・疫学、6:胸部腫瘍研究機構 (TORG)

 

【背景】Bevacizumab (BV)は進行非扁平非小細胞肺癌(non-Sq NSCLC)に対し白金製剤を含む併用療法への追加の有用性が示されている。一方で高齢者non-Sq NSCLCに対し標準治療である非白金製剤単剤療法にBVを追加することの安全性、有用性は確立されていない。今回、未治療高齢者進行non-Sq NSCLC に対しpemetrexed (PEM)とBV併用療法の安全性を確認するために忍容性試験を行った。【方法】PS 0-1、70歳以上、未治療進行non-Sq NSCLC 症例を対象にPEM 500mg/m2とBV 15mg/kgを3週毎に投与し忍容性を検討した。【結果】2010年11月から2012年4月に計12例が登録された。男/女=6/6、年齢中央値 78歳(72-81歳) 75歳以上が11例、組織型は全例腺癌、EGFR遺伝子変異 あり/なし/不明=9/2/1、ステージIIIB/IV/術後再発= 2/8/2、PS 0/1= 6/6、喫煙歴あり/なし=6/6であった。DLT評価期間である1サイクル目に発生した有害事象としては血液毒性が白血球減少、好中球減少、貧血、血小板減少であり、いずれもgrade 3以下であった。非血液毒性としてはgrade 3の高血圧、grade 2の胃炎、脳卒中を各1例(8%)に認めた。全投与期間中に発生したgrade 3以上の有害事象は白血球減少(25%)、好中球減少(25%)、貧血(8%)、血小板減少(8%)、発熱性好中球減少(8%)、食欲不振(8%)、高血圧(8%)、疲労(8%)、嘔気(8%)、結腸穿孔(8%)であった。用量制限毒性や治療関連死は認めなかった。効果は無増悪生存期間中央値が5.6ヶ月 (95% C.I. 1.1-7.9ヶ月)、全生存期間中央値 10.3ヶ月(95% C.I. 6.9-15.6ヶ月)であり、1年生存率は49% (95% C.I. 12-79%)であった。7例(58%)が3サイクル以上の治療を受けた。【結論】70歳以上未治療高齢者non-Sq NSCLCに対しPEMとBVの併用療法は忍容可能であった。

キーワード

臓器別:肺・縦隔・胸膜

手法別:臨床試験

前へ戻る