演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

FEC+wPTX耐性TNBC細胞株の樹立とNAC効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義

演題番号 : O37-3

[筆頭演者]
青松 直撥:1 
[共同演者]
八代 正和:1、柏木 伸一郎:1、野田 諭:1、川尻 成美:1、石原 沙江:1、浅野 有香:1、渡邊 真央:1、森崎 珠実:1、高島 勉:1、小野田 尚佳:1、石川 哲郎:3、若狭 研一:2、平川 弘聖:1

1:大阪市立大学大学院 腫瘍外科、2:大阪市立大学大学院 診断病理学、3:市立柏原病院 外科

 

【はじめに】Triple Negative乳癌(TNBC)は予後不良の乳癌である.TNBCは,non-TNBCと同様に化学療法が奏効する例が見られる一方で奏効しない例を多く含み,しばしば治療に苦慮する.乳癌診療ガイドラインは,アンスラサイクリンまたはタキサンを含む化学療法を推奨しており,臨床的にFEC (5FU + epirubicin + cyclophosphamide) followed by weekly paclitaxel (wPTX)が汎用さている.このFEC+wPTX療法耐性の機序解明はTNBC治療成績向上に重要である.一方,乳癌術前化学療法(NAC)に対して,pCR予測マーカーが期待されているが,有用な効果予測マーカーは同定されていない.最近,癌幹細胞が,転移再発や治療抵抗性の原因と考えられており,CD24/CD44,ALDH1,CD133などが幹細胞マーカーとして報告されているが,NACにおける臨床的意義は明らかにされていない.そこで今回,NACに用いた抗癌剤を用いて多剤耐性乳癌細胞株を樹立し癌幹細胞マーカーを検討するとともに,癌幹細胞マーカーの臨床的意義を検討したので報告する.【対象と方法】乳癌細胞株MDA-MB231に5FU,epirubicin,cyclophosphamide,paclitaxelを長期間暴露することで多剤耐性株を樹立し,その特性を検討した.また,NAC目的でFEC followed by wPTX施行後に乳癌切除術を施行した102例を対象に,初診時針生検組織標本のパラフィン包埋切片を用い,ER,PR,HER2,CD24,CD44,ALDH1,CD133の免疫組織化学染色を行い,その発現と組織学的完全消失(pCR)や転移再発,予後との関連性を検討した.【結果】4剤(FEC+ paclitaxel)耐性MDA-MB231耐性株はCD133が有意に上昇していた.フローサイトメトリーにてSide Population (SP)分画の有意な上昇を認め,コロニー形成能も有意に高率であった.臨床検体では,CD133陽性乳癌は47例であり,そのpCR率は,CD133陰性例に比べて有意に低かった(19% VS. 38%; p=0.035).また,CD133陽性例では,無病生存期間が有意に(p<0.005)短かった.一方,CD24/CD44およびALDH1はpCRや予後との相関は認めなかった.【結論】TNBCの抗癌剤耐性機序として癌幹細胞性の関連が示唆された.今回樹立されたFEC+wPTX耐性TNBC株MDA-MB231/Rは抗癌剤耐性機序解明に有用な細胞株であると考えられる.CD133は抗癌剤耐性に関与しNAC効果や再発予測に有用な分子マーカーである可能性が示唆された.

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:バイオマーカー

前へ戻る