演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

外来化学療法における多職種支援の取り組み 外来化学療法レジメンパスシートを用いて

演題番号 : O24-3

[筆頭演者]
吉村 幸永:1 
[共同演者]
橋本 典也:1、井上 祥明:1、武内 秀也:1、福山 誠一:1、折田 博之:1、鳥山 陽子:1、田中 陽子:1、神田 恵理:1、矢野 篤次郎:1

1:国立病院機構別府医療センター

 

【背景と目的】外来化学療法時に適切なセルフケア指導を行うには、医師だけでなくがん診療に関わる多職種の介入が必要となる。しかし現状では医師による診察時と外来化学療法室での看護師だけの対応が通常である。経口抗がん剤併用レジメンや支持薬も多く、内服管理及び有害事象のモニタリングとケアついては患者・家族が中心となる。よって、外来での限られた時間の中で、患者背景を考慮した幅広い視点での支援が必要となる。今回、独自のツールを用いて多職種が介入し、チーム医療の充実に向けて取り組んでいるのでその報告をする【対象と方法】対象:外来化学療法室で初めて治療をうける患者方法:1.外来化学療法レジメンパスシート(レジメンのスケジュール・使用薬剤に伴う副作用と出現時期、期間、医療費などを記入した用紙)を用いて、看護師、薬剤師、MSW、調剤薬局がリレー方式で担当する内容の説明を行う。看護師は注射薬の投与中の注意点、副作用、治療スケジュール。薬剤師は経口抗がん剤、支持療法薬の注意点、副作用。MSWは医療費について。調剤薬局は外来化学療法レジメンパスシートと処方薬と併せて説明する。2.外来化学療法情報共有シートに記録を残し、共通理解しておく内容と強化支援が必要な内容は看護師が情報を統合し記入する【結果】平成25年4月から開始し、患者側と医療者側の反応を調査した。1.患者側からの反応としては、上記パスシートで説明した内容以外に下記の項目が多く聞かれた。看護師では外来へ移行したことによる本人・家族の不安。薬剤師では治療中の通院間隔、通院に伴う家族の負担。MSWでは生命保険についての不安。調剤薬局では入院と外来処方薬(後発薬)の違いがある場合の説明2.医療者側からの反応として看護師は治療に伴う説明が1枚に網羅されていて、担当した内容ごとに他職種が介入し、専門性が高い。薬剤師は限られた外来治療時間の中、役割を分けて説明を実施したので、15分程度で行え、業務調整しやすかった。MSWは医療費の説明がきっかけで生活上での不安表出につながった。調剤薬局はレジメン毎の併用薬・支持薬の把握でき、説明しやすい【結論】1.多職種が介入することでより幅広い視点での説明・指導ができ、セルフケア支援へつながった2.多職種が連携しやすく、外来での継続したチーム医療につながった

キーワード

臓器別:その他

手法別:チーム医療

前へ戻る