演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

XELOX療法投与における多職種チームマネージメントの試み:SMILE Studyの概要

演題番号 : O24-2

[筆頭演者]
松岡 宏:1 
[共同演者]
中村 路夫:2、西村 元一:3、緒方 裕:4、前田 耕太郎:1

1:藤田保健衛生大学 下部消化管外科、2:市立札幌病院 消化器内科 、3:金沢赤十字病院 外科、4:久留米大学 医療センター 外科

 

【背景・目的】近年、進行再発大腸癌に対する化学療法として、点滴による長時間の拘束の回避、ポート、ポンプフリー、通院間隔の拡大と言った利点を兼ね備えた、経口フッ化ピリミジンであるカペシタビンとオキサリプラチンの併用療法(XELOX療法)が汎用されてきている。本療法は、利便性が高い一方、内服の為の服薬アドヒアランスの維持、在宅治療期間中における副作用対策、通院間隔が長いことによる患者の不安や心理的なサポート等のケアがより必要であり、自宅で治療継続していく環境を整備することが重要である。これまでわれわれは、各自施設にて医師、看護師、薬剤師共同の副作用対策を施したマネージメントを実施しており、結果として高い有効性、相対用量強度を維持しながら、手足症候群、下痢等の有害事象マネージメントできることを報告している。今回、さらにマネージメント実施による有害事象発現率、患者の心理面、精神面のQoLを評価することを目的とした多施設共同前向き観察研究を開始した。【方法】進行再発大腸癌の初回治療としてXELOX療法施行例を対象とした。マネージメント方法は、電話によるサポート、薬剤師における服薬指導、看護師におけるスキンケア指導、医師による患者指導を少なくとも1つ選択し実施することとした。評価項目は、Grade2以上の手足症候群、心理面、精神面QoL評価、安全性、奏効率、相対用量強度、治療継続率とした。生活関連QoLは、1,2,4,5,8コース投与開始前に2種類のアンケート(Hospital Anxiety and Depression Scale: HADS, Mental Adjustment to Cancer: MAC)を実施した。【結果】2012年9月に集積終了し、現在、14施設より80例が登録された。アンケート回収率は90%であった。【結語】これまで各施設が実施していたマネージメント研究をデータセンター、研究実施体制(SMILE Study Member)を整備することで、医師だけでなく、メディカルスタッフも参加できる多施設共同研究を可能とした。また今回の取り入れた生活関連QoL評価は、治療を遂行していく上で、患者の心理面を把握する上で重要であると考える。本発表では、各自施設の既報データと共に現在進行中の前向き観察研究について紹介する。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:チーム医療

前へ戻る