演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

Ki67にPgRを加味したOncotypeDxの効率的利用の検討

演題番号 : O21-3

[筆頭演者]
渕上 ひろみ:1 
[共同演者]
水野 嘉朗:1、竹田 奈保子:1、瀬戸 裕:2、佐藤 一彦:1

1:東京西徳洲会病院 、2:瀬戸病院

 

【はじめに】ER陽性かつHER2陰性の乳癌に対する補助化学療法の決定に際し免疫組織染色(IHC)によるKi67値が用いられる。しかしながら、その評価方法や解釈の問題点も多く報告されている。そのため、再現性の高いOncotypeDxが米国では使用されており、本邦においても症例を限定して用いられている。当検査は未だ保険未収載であり、その効率的な症例選定が重要となる。近年、化学療法の要否決定に際し、IHCによるPgRの意義が重視され、IHC4のみならずSt.Gallen2013にてもPgR低値が「ルミナルB様」乳癌として新病型分類に提唱された。我々は、OncotypeDxの効率的利用を企図しPgRの有する意義を検討した。【対象】2011年12月~13年2月までのER陽性かつHER2陰性の乳癌に対し、Ki67が20%前後の21症例を対象に検体をOncotypeDx検査に供した。平均年齢56才(36~80)、腫瘍浸潤径の平均は1.6cn(0.5~3.0)、リンパ節転移は3例(14.3%)に認められた。St.Gallen2013の新分類においてもKi67のカットオフは14%とされていたが確立した評価が未だ得られておらず、本検討では各種カットオフ値を設定した。Ki67にPgRを加味した各群別に、再発スコア(RS)の中間リスク以上(RS>17)の症例の検出率を検討した。尚、Ki67は他施設複数病理医により評価され、複数評価があった場合はその中間値を採用した。【結果】症例の内訳は、Ki67<10%:6例、11~20%:6例、20%<:9例であり、そのうちRS>17を示した症例は、それぞれ1例(16.7%)、3例(50%)、6例(66.7%)であった。また、ER は全例強陽性であったが、PgR<20%は各群に2例(33.3%)、2例(33.3%)、3例(33.3%)に認められており、PgR<20%を加味した場合にRS>17を示した症例は、Ki67<10%群:PgR<20%/20%以上:1/2例(50%)/0/4例(0%)、11~20%群:PgR<20%/20%以上:2/2例(100%)/1/4例(25%)、Ki67>20%群:PgR<20%/20%以上:2/5例(40%)/4/4例(100%)であった。【結語】OncotypeDxの効率的かつ有用な利用基準として、Ki67低値であってもPgRが低値の場合、或いはKi67高値であってもPgR高値の場合はIHC法による化学療法の要否決定が困難である場合が多く、OncotypeDxに供することにより適切な要否決定に資する可能性が示唆された。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:バイオマーカー

前へ戻る