演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

乳癌における化学療法の効果予測因子としてのki67の有用性

演題番号 : O21-2

[筆頭演者]
神野 浩光:1 
[共同演者]
松田 祐子:1、高橋 麻衣子:1、林田 哲:1、廣瀬 茂道:2、北川 雄光:1

1:慶應義塾大 医学部 外科、2:済生会中央病 病理診断科

 

【目的】乳癌における化学療法の効果予測因子としてmulti-gene assayの有用性が報告されているが、その煩雑性やコストの面から広く普及するには至っていない。より簡便な増殖の指標であるki67の化学療法の効果予測における有用性についてはいまだcontroversialである。そこで今回我々は術前化学療法症例を用いて化学療法の効果予測因子としてのki67の有用性を検討した。【対象および方法】anthracyclineとtaxaneの逐次併用術前化学療法を施行したstage II-IIIのHER2陰性乳癌145例(luminal type 105例、triple negative (TN) type 40例)を対象とした。針生検標本におけるER、PgR、HER2、ki67の発現状況を免疫組織化学染色にて評価した。ki67は浸潤部分における連続した3視野における約400個のがん細胞を計測することにより判定した。【結果】全体のpCR率は13.1%(19/145)であった。Luminal typeとTN typeとの間に、年齢、腫瘍径などの臨床的背景因子に有意差を認めなかった。Luminal typeのpCR率は8.6%(9/105)であり、TN typeの25%(10/40)より有意に低かった(p=0.04)。症例全体のKi67の中央値は20.8%であり、luminal typeでは17.9%でありTN typeの50.7%と比較して有意に低かった(p<0.01)。症例全体ではpCR症例のki67の中央値は50.0%であり、non-pCR症例の20.0%と比較して有意に高かった(p<0.01)。TN typeではpCR症例のki67中央値が45.7%であり、non-pCR症例の50.5%との間に有意差を認めなかった。(p=0.61)。luminal typeではpCR症例のki67中央値はnon-pCR症例に比べて有意に高かった(47.2% vs. 21.5%, p<0.01)。【結語】ki67は化学療法の効果予測因子として有用であるが、その有用性はTN乳癌ではなくluminal乳癌において認められた。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:バイオマーカー

前へ戻る