演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

切除不能進行膵癌に対するGemcitabine+S-1療法 vs Gemcitabine療法の無作為化比較試験

演題番号 : O15-3

[筆頭演者]
須藤 研太郎:1 
[共同演者]
多田 泰久:2、平田 信人:3、小澤 文明:4、大島 忠:5、畔元 亮作:6、志村 謙次:7、仁平 武:8、西野 隆義:9、中川 彰彦:10、中村 和貴:1、石原 武:2、中路 聡:3、横須賀 收:2、山口 武人:1

1:千葉県立 がんセ 消内、2:千葉大 病 消内、3:亀田総合 病 消内、4:埼玉医大 総合医療セ 肝胆膵外・小児外、5:さいたま赤十字 病 消内、6:君津中央 病 消内、7:国保旭中央 病 消内、8:水戸済生会総合 病 消内、9:東京女子医大八千代医療セ 消内、10:沼津市立 病 消内

 

【目的】われわれは切除不能進行膵癌を対象としてGemcitabine+S-1併用療法(GS療法)第II相試験を行い、奏効率48%、生存期間中央値12.5ヶ月と良好な成績を報告している(Nakamura et al. Br J Cancer 2006)。今回、GS療法の有効性・安全性を評価する目的でGemcitabine(GEM)単独療法との無作為化比較試験を施行したので報告する。【方法】切除不能膵癌患者(遠隔転移例または局所進行例)を対象としてGS療法(S-1 60mg/m2/日 day1-15、GEM 1000mg/m2 day8, 15 3週毎)またはGEM療法(GEM 1000mg/m2 day1, 8, 15 4週毎)に無作為化割り付けを行った。主要評価項目は無増悪生存期間とした。【結果】101例が登録されGS群に51例、GEM群に50例が割り付けられた。無増悪生存期間はGS群の中央値5.3ヶ月 vs GEM群 3.8ヶ月とGS療法群で有意に良好であった。(ハザード比 0.65, 95%CI 0.43-0.98, p=0.039)また、奏効割合およびCA19-9奏効割合(治療前値比50%以下)についてもGS療法群で有意に良好であった。(奏効割合 21.6% vs 6%, p=0.048; CA19-9奏効割合 56.5% vs 29.7%, p=0.015)一方、全生存期間についてはGS群の中央値8.6ヶ月 vs GEM群8.6ヶ月と両群に有意差はみられなかった。(ハザード比 0.93; 95%CI, 0.61 to 1.41; p=0.714)有害事象についてはGS療法においてgrade 3以上の好中球減少(44% vs 19.6%, p=0.011)および血小板減少 (26% vs 8.7%, p=0.051)が高頻度に認められた。【結論】切除不能膵癌に対するGS療法はGEM単独療法に対し有意に無増悪生存期間を改善した。また、良好な腫瘍縮小効果を有し、毒性は許容範囲と考えられた。

キーワード

臓器別:膵臓

手法別:臨床試験

前へ戻る