演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

日常診療における高齢胃癌患者の術後補助化学療法について

演題番号 : O141-6

[筆頭演者]
川端 良平:1 
[共同演者]
木村 豊:1、川瀬 朋乃:1、星野 宏光:1、山村 順:1、中田 健:1、山本 為義:1、池田 直樹:1、神垣 俊二:1、福永 睦:1、大里 浩樹:1

1:市立堺病院 外科

 

【はじめに】ACTS-GC試験の結果により20-80歳のStage2, 3胃癌患者において、S-1による術後補助化学療法は標準治療となった。一方、80歳以上の胃癌患者においては術後補助化学療法の科学的根拠はなく、認容性や有用性について不明である。【目的】80歳以上のStage2, 3胃癌患者の術後補助化学療法に関して日常診療における現状を明らかにする。【患者と方法】2007-2011年に当院で胃切除術を施行した80歳以上の胃癌患者のうち、病理診断によりStage2, 3と診断された24例を対象とし、S-1補助化学療法が施行された患者の割合と、補助化学療法施行例におけるS-1治療完遂率および有害事象を後方視的に調査した。【結果】Stage2, 3と診断された胃癌患者24例のうち、病状が告知され、ECOG PSが0-2で、重要臓器機能が保たれており、担当医から補助化学療法に勧められた症例は14例(58.3%)あった。その結果、同意が得られ、補助化学療法が施行された症例は9例(8例はS-1補助化学療法、1例はW-PTX療法)あり、同意が得られず、補助化学療法を実施しなかったのは5例あった。担当医が補助化学療法を勧めなかった10症例の内訳は術後合併症が4例、認知症が2例、他癌治療が2例、超高齢が1例、不整脈などの併存症が1例であった。S-1補助化学療法が施行された8例の患者背景は、年齢中央値83(80-94)歳、男性4例/女性4例、Stage2:3例/Stage3:5例、全例で幽門側胃切除術が施行されていた。全例、腎機能を考慮した投与量で開始され、4投2休で投与されていた。1年の治療完遂率は87.5%(1例は患者希望で中止)で、治療完遂例におけるRp値は7例中6例で100%であった。またGrade 3以上の重篤な副作用は認められなかった。【結語】80歳以上の胃癌患者におけるS-1補助化学療法は全身状態が良好で、腎機能を考慮し減量投与すれば、認容可能と考えられる。

キーワード

臓器別:胃・十二指腸

手法別:化学療法

前へ戻る