演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

実地臨床における切除不能進行胆道癌に対するgemcitabine+cisplatin併用療法の現状

演題番号 : O14-2

[筆頭演者]
小川 浩平:1 
[共同演者]
細川 歩:2、澤崎 拓郎:1、國谷 等:1、西田 泰之:1、平井 信行:1、植田 亮:2、安藤 孝将:2、梶浦 新也:2、加藤 洋介:3、中谷 直喜:4、柴田 祥宏:4、柴田 和彦:4、寺田 光宏:1、杉山 敏郎:2

1:厚生連高岡病 消化器内科、2:富山大 第三内科、3:厚生連高岡病 外科、4:厚生連高岡病 腫瘍内科

 

【背景】切除不能進行胆道癌に対する治療として、英国のABC-02試験、本邦のBT-22試験の結果より、gemcitabine(GEM)+cisplatin(CDDP)併用療法(GC療法)が標準治療とされている。【目的】実地臨床における切除不能進行胆道癌に対するGC療法の現状についてretrospectiveに検討した。【対象と方法】2011年8月から2013年4月までGC療法を行った切除不能進行胆道癌18例中、1次治療として行われた14例を対象とした。治療スケジュールはGEM 1000mg/m2 + CDDP 25mg/m2をday1、8に投与し3週毎に繰り返した。有害事象はCTCAE v4.0、奏効率はRECIST v1.1、生存期間はKaplan-Meier法を用いて算出した。【結果】年齢中央値=69.5(52-79)歳、男性:女性=8:6、PS 0:1=5:9、切除不能:再発=11:3、原発部位 肝内胆管:肝外胆管:胆嚢:十二指腸乳頭=4:2:6:2、転移部位 肝:リンパ節:腹膜:副腎=9:9:3:1、4例に胆道ステント留置による減黄処置が施行されていた。腫瘍縮小効果はCR:PR:SD:PD:NE=0:3:8:2:1であり、奏効率(RR)は23.1%であった。10例が血球減少、1例が疲労を理由に減量が行われていた。観察期間中央値は5.2(1.8-19.1)ヵ月、無増悪生存期間(PFS)中央値は3.9ヵ月であった。主なgrade3以上の有害事象として、好中球減少64%、白血球減少50%、Hb減少29%、血小板減少43%を認め、特にgrade4の好中球減少は36%の症例でみられた。Grade 3以上の非血液毒性として、発熱性好中球減少症7%、疲労7%、便秘7%を認めた。またGC療法後の9例中6例でS-1による2次治療が行われていた。【結語】既報と比較しRRは同等であったが、PFS中央値が短い傾向にあった。有害事象では血球減少の頻度が高く、減量を必要とする症例が多かった。

キーワード

臓器別:胆嚢・胆道

手法別:化学療法

前へ戻る