演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

進行・再発大腸癌に対するSOX+BVとIRIS+Cmabの逐次併用療法の第II相試験(SOBIC)

演題番号 : O133-2

[筆頭演者]
仲本 嘉彦:1 
[共同演者]
野田 雅史:2、梅木 雅彦:3、宮本 勝文:4、徳永 行彦:5、奥本 龍夫:6、酒井 哲也:7、大坪 出:8、土居 貞幸:9、松原 長秀:10、掛地 吉弘:10、冨田 尚裕:10

1:神戸市立医療センター西市民病院 外科、2:兵庫医科大学 下部消化管外科、3:兵庫青野原病院 外科、4:兵庫県立淡路医療センター 外科、5:京都逓信病院 外科、6:姫路聖マリア病院 外科、7:加古川西市民病院 外科、8:三田市民病院 外科、9:市立川西病院 外科、10:兵庫大腸癌治療研究会

 

【背景】現在大腸癌ガイドラインに基づき1次治療FOLFOX+BV、2次治療FOLFIRI(+Cmab,BV)が汎用されている。一方近年経口FU剤であるS-1をベースにしたSOX、IRISの有用性が示され今後経口剤を用いた治療法が汎用されると予想される。われわれ兵庫大腸癌治療研究会では1次治療にSOX+BV、2次治療にIRIS+Cmab,BVを用いた多施設共同第II相試験(SOBIC試験)を実施した。【評価項目】主要評価項目はSecond PFS(登録から2次治療後PDとなるまでの期間)、副次評価項目は2次治療移行率、OS、KRAS遺伝子の有無、1次2次治療各々の奏効率、PFS、手術施行割合、治癒切除率、安全性とし、目標症例数は48例とした。【対象と方法】対象は20歳以上80歳以下の治癒切除不能な進行・再発大腸癌。2次治療への切り替えは、明らかな腫瘍増大が認められた場合、KRAS遺伝子等の測定結果に基づいた治療計画により2次治療導入時期と判断された場合、被験者より末梢神経障害等の理由により治療中止の申し出があった場合、その他主治医が1次治療困難と判断した場合とした。【結果】2010年5月から本年3月末までに52例の症例集積を完了し、1次治療の安全性と奏効率、2次治療への移行率等について解析中である。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:臨床試験

前へ戻る