演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

KRAS野生型結腸直腸癌:サルベージラインにおける抗EGFR抗体単剤療法の比較

演題番号 : O132-4

[筆頭演者]
佐々木 尚英:1 
[共同演者]
結城 敏志:1、福島 拓:1、辻 靖:2、畑中 一映:3、奥田 博介:4、細川 歩:5、岩永 一郎:6、小池 雅彦:7、佐藤 康史:8、中村 路夫:9、工藤 峰生:9、園田 範和:1,9、坂田 優:10、小松 嘉人:1

1:北海道大学病院 消化器内科/腫瘍センター、2:斗南病院 腫瘍内科、3:市立函館病院 消化器科、4:恵佑会札幌病院 腫瘍内科、5:富山大学附属病院 第三内科、6:北見赤十字病院 消化器内科、7:KKR札幌医療センター 外科、8:札幌医科大学病院 第四内科、9:北海道消化器癌化学療法研究会、10:三沢市立三沢病院

 

背景:Cetuximab(Cmab)、panitumumab(Pmab)はいずれも上皮増殖因子受容体(EGFR)に対する抗体製剤であり、転移性結腸直腸癌のサルベージラインにおいて単剤における有効性が示されているが、現時点で、これらの薬剤を直接比較した無作為化試験の結果は得られていない。方法:HGCSGで既に報告してきたHGCSG0901(Cmab投与例を対象とした後方視的解析:n=269)とHGCSG1002(Pmab投与例を対象とした後方視的解析:n=200)の登録症例のうち、1) 5-FU/irinotecan/oxaliplatinの不応・不耐後、2)抗EGFR抗体薬の投与歴がない、3)KRAS野生型、4)単剤での投与例 の条件を満たす症例を対象として後方視的に比較検討を行った。結果:上記適格基準を満たす症例はHGCSG0901で31例(Cmab群)、HGCSG1002では51例(Pmab群)であった。患者背景(Cmab vs Pmab)は、男性/女性:20/11 vs 27/24、年齢央値(範囲):65(44-76) vs 64.5(44-81)、PS 0-1/2-3:21/10 vs 46/5、転移臓器数:1-2/3以上:22/9 vs 25/16、EGFR陽性/陰性/未検査:23/8/0 vs 29/7/15、bevacizumabの前投与歴:81% vs 86%であった。Grade 3以上の有害事象(Cmab群 vs Pmab群)は、ざ瘡様皮疹:3.2% vs 13.7%(P=0.25)、爪囲炎:6.5% vs 3.9%(P=0.63)で、重篤な皮膚関連有害事象の発生割合は両群で概ね同等であった。Cmab群、Pmab群における生存期間中央値はそれぞれ8.4ヶ月、8.1ヶ月(p=0.32)、無増悪生存期間中央値は3.8ヶ月、3.1ヶ月(p=0.60)、奏効率は19.4%、13.7%(p=0.54)であった。Cox比例ハザードモデルによる多変量解析では、OSについてはPS(0-1 vs 2以上、HR:0.23(0.13-0.41), p<0.001)、および転移臓器数(1-2 vs 3臓器以上、HR:0.43(0.27-0.67), p=0.02)、PFSについてはPS(0-1 vs 2以上、HR:0.32 (0.19-0.57), p<0.001)、転移臓器数(1-2 vs 3臓器以上、HR:0.61(0.39-0.96), p=0.071)、および性別(男性vs 女性、HR:0.66(0.44-0.97), p=0.072)が独立した危険因子として示唆された。結語:切除不能結腸直腸癌のサルベージラインにおけるCmab単独療法、Pmab単独療法の後方視的比較検討において、重篤な皮膚関連有害事象の発生割合、有効性に有意な差は認めなかった。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:分子標的治療

前へ戻る