演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

KRAS野生型結腸直腸癌:サルベージラインの抗EGFR抗体+irinotecan併用療法の比較

演題番号 : O132-3

[筆頭演者]
藤川 幸司:1 
[共同演者]
結城 敏志:2、佐々木 尚英:2、原田 一顕:2、土井 綾子:3、成瀬 宏仁:4、奥田 博介:5、目黒 高志:6、佐藤 温:7、宮城島 拓人:8、江藤 和範:9、太田 智之:10、紺野 潤:10、坂田 優:10、小松 嘉人:2

1:北海道がんセンター 消化器内科、2:北海道大学病院 消化器内科/腫瘍センター、3:斗南病院 腫瘍内科、4:市立函館病院 消化器科、5:恵佑会札幌病院 腫瘍内科、6:北海道消化器科病院 内科、7:弘前大学病院 腫瘍内科、8:釧路労災病院 消化器内科、9:苫小牧市立病院 消化器科、10:北海道消化器癌化学療法研究会

 

背景:Cetuximab(Cmab)、panitumumab(Pmab)はいずれも上皮増殖因子受容体(EGFR)に対する抗体製剤であり、転移性結腸直腸癌のサルベージラインにおける有効性が示されているが、同ラインにおいてPmab+irinotecan併用療法の報告は乏しく、現時点で、Cmab+irinotecan療法とPmab+irinotecan併用化学療法を直接比較した無作為化試験はない。方法:HGCSGで既に報告してきたHGCSG0901(Cmab投与例を対象とした後方視的解析:n=269)とHGCSG1002(Pmab投与例を対象とした後方視的解析:n=200)の登録症例のうち、1) 5-FU/irinotecan/oxaliplatinの不応・不耐後、2)irinotecanを含む化学療法と併用、3) 抗EGFR抗体薬の投与歴がない、4)KRAS野生型 の条件を満たす症例を対象として後方視的に比較検討を行った。結果:上記適格基準を満たす症例はHGCSG0901で64例(Cmab群)、HGCSG1002では28例(Pmab群)であった。Cmab群における併用化学療法は全例がirinotecanで、Pmab群ではirinotecanが15例、FOLFIRIが13例であった。患者背景(Cmab群 vs Pmab群)は、男性/女性:41/23 vs 17/11、年齢中央値(範囲):65.5(43-80) vs 63.5(49-81)、PS 0/1/2:39/17/8 vs 22/6/0、転移臓器数:1/2/3以上:24/23/17 vs 8/13/7、EGFR陽性/陰性/未検査:51/12/1 vs 16/6/6、bevacizumabの前投与歴:59.4% vs 92.9%で、Pmab群ではbevacizumabの前投与歴が多く認められた。Grade 3以上の有害事象(Cmab群 vs Pmab群)は、ざ瘡様皮疹:18.8% vs 17.9%(P=1.00)、爪囲炎:9.4% vs 7.1%(P=1.00)で、重篤な皮膚関連有害事象の発生割合は両群で概ね同等であった。Cmab群、Pmab群における生存期間(OS)中央値はそれぞれ12.2ヶ月、14.9ヶ月(p=0.38)、無増悪生存期間(PFS)中央値は4.5ヶ月、5.4ヶ月(p=0.10)、奏効率は31.3%、17.9%(p=0.21)であった。Cox比例ハザードモデルによる多変量解析では、OS、PFSとも、PS(0 vs 1-2)および転移臓器数(1 vs 2臓器以上)が独立した危険因子であったが、Cmab/Pmabの薬剤選択は独立した因子とはならなかった(OS:HR 1.06(0.65-1.72), p=0.86、PFS:1.41(0.93-2.13), p=0.18)。結語:切除不能結腸直腸癌のサルベージラインにおけるCmab+irinotecan療法、Pmab+irinotecan併用化学療法の後方視的比較検討において、重篤な皮膚関連有害事象の発生割合、有効性に有意な差は認めなかった。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:分子標的治療

前へ戻る