演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

当院における膵癌の術後補助化学療法の治療成績

演題番号 : O130-4

[筆頭演者]
今岡 大:1 
[共同演者]
清水 泰博:2、佐野 力:2、千田 嘉毅:2、大澤 高陽:2、肱岡 範:1、原 和生:1、水野 伸匡:1、山雄 健次:1

1:愛知県がんセンター中央病院 消化器内科、2:愛知県がんセンター中央病院 消化器外科

 

<背景>膵癌の術後にゲムシタビン(GEM)あるいはTS-1を用いて補助化学療法を行なうことで、無再発生存期間(DFS)および全生存期間(OS)が有意に延長されることがCONKO-001試験およびJASPAC-01試験により示されている。そこで我々は、当院での膵癌の術後補助化学療法についてretrospectiveに検討を行い、術後補助化学療法の妥当性について検証した。<方法>1996年1月より2013年3月の間に当院にて膵癌にて外科的切除が行なわれ肉眼的治癒切除が得られた症例293例のうち、GEMによる術後補助化学療法が行なわれた85例、TS-1による術後補助化学療法が行なわれた29例、手術単独が行なわれた154例を対象に、DFSおよびOSについて検討した。なおTおよびNについてはUICC分類に基づいた。<結果>当院における、GEM群におけるDFS中央値は17.9ヶ月、TS-1群では17.2ヶ月、対する手術単独群では11.1ヶ月であった。また、GEM群におけるOS中央値は40.0ヶ月、TS-1群では35.2ヶ月、対する手術単独群では26.6ヶ月であった。各群における2年生存率はGEM群で62.0%、TS-1群で80.0%、手術単独群では54.7%であった。Cox比例ハザードモデルを用いてT、N、Rの各因子について調整後の、手術単独群に対する再発ハザード比は、GEM群が0.49 (p値; <0.001, 95%信頼区間; 0.34- 0.70)、S-1群が0.44 (p値; 0.008, 95%信頼区間; 0.24- 0.80)であった。また、各因子について調整後の手術単独群に対する死亡ハザード比は、GEM群が0.46 (p値; <0.001, 95%信頼区間; 0.30- 0.71)、S-1群が0.47 (p値; 0.034, 95%信頼区間; 0.23- 0.94)であった。<結論>GEMあるいはTS-1による術後補助化学療法によって、膵癌術後のDFSとOSが有意に延長することが示された。ただし、GEMに対するTS-1の優越性は認められなかった。

キーワード

臓器別:膵臓

手法別:化学療法

前へ戻る