演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

切除を企図した主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌への術前化学放射線療法の試み

演題番号 : O129-3

[筆頭演者]
天野 良亮:1 
[共同演者]
木村 健二郎:1、山添 定明:1、平田 啓一郎:1、村田 哲洋:1、永原 央:1、豊川 貴弘:1、久保 尚士:1、田中 浩明:1、六車 一哉:1、大谷 博:1、八代 正和:1、前田 清:1、大平 雅一:1、平川 弘聖:1

1:大阪市立大院腫瘍外科

 

【背景】主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌は高率にR1/2となり、必ずしも切除が予後に寄与するとは言い難い。しかし膵癌の長期生存の可能性を得るにはR0切除が不可欠であり、強力な局所制御が必要である。我々は主要動脈浸潤を伴うNCCNガイドラインにおけるBorderline resectable(BR) / Unresectable(UR)膵癌に対して切除を企図した化学放射線療法(CRT)を試みており、その治療成績を報告する。【対象・方法】対象は2012年5月より当科で加療を行った主要動脈浸潤を伴うBR/UR膵癌8例(BR:2例、UR:6例)。男性8例、平均年齢64.8歳。浸潤動脈は総肝動脈2例、腹腔動脈5例、上腸間膜動脈1例。放射線治療は50Gy(25回)行い、化学療法はGS療法(GEM:600mg/m2・隔週3回投与+S-1:60mg/m2・4週投与)を行った。【結果】CRTは全例に完遂可能であった。Grade3の有害事象は好中球減少1例、蕁麻疹1例でありGrade4は認めなかった。治療効果はSD:8例(100%)であり、7例(87.5%)にCA19-9の減少を認めた。CT上動脈浸潤の程度には変化を認めなかった。現在までに5例に切除を行っており、術式は総肝動脈合併膵頭十二指腸切除術2例、腹腔動脈合併尾側膵切除術2例、腹腔動脈合併膵全摘術1例であり、門脈再建は3例に行った。動脈吻合は4例に施行しており、右肝動脈-左胃動脈吻合2例、腹腔動脈-総肝動脈吻合1例、総肝動脈-中結腸動脈吻合1例であった。局所癌遺残度評価はR0:4例、R1:1例であった。また病理学的に動脈浸潤を認めたのは3例であり、すべて術前腹腔動脈浸潤を認めたが病理学的には脾動脈浸潤のみであった。他の2例は術前総肝動脈浸潤が疑われたが病理学的には浸潤を認めなかった。Evans分類による抗腫瘍効果はI:1例、IIa:3例、III:1例であった。【結語】主要動脈浸潤を伴うBR/UR膵癌に対する化学放射線療法は安全に施行でき、また強力な局所制御が期待できる可能性がある。今後さらに症例を重ねて長期治療成績も含めて検討していく予定である。

キーワード

臓器別:膵臓

手法別:集学的治療

前へ戻る