演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

当科における膵癌に対する術前化学放射線療法

演題番号 : O129-2

[筆頭演者]
猪股 研太:1 
[共同演者]
北郷 実:1、板野 理:1、篠田 昌宏:1、八木 洋:1、阿部 雄太:1、日比 泰造:1、門多 由恵:1、香月 優亮:1、田中 真之:1、岸田 憲弘:1、石井 政嗣:1、相浦 浩一:2、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学病院 一般・消化器外科、2:川崎市立川崎病院 外科

 

【目的】当教室では画像診断にてUICC StageIIA以上と診断された膵癌に対し,切除可能症例(<=PV2,A-)に40Gy(NACRT),切除不能症例(PV3,A+)に50.4Gy(CRT)の放射線照射を併用した化学放射線療法 を行ってきた.今回,当教室でのNACRTおよびCRTの治療成績を検討した.【方法・対象】 対象は2001年より画像診断にてStageIIA~IIIと診断された膵癌に対しNACRTを行った33例とUICC StageIIA~IVと診断されCRTを行った16例.プロトコールは2Gy/d 20回or 1.8Gy/d 28回,化学療法5-FU 300mg/body/d or TS-1 60mg/m2/d(2010~)d1-5/w,MMC 4mg/body/d,x1/w,CDDP 10mg/body/d, x1/w, Heparin 6000IUd for 4(5) w.【結果]】49例全例が放射線治療を完遂したが,NACRT群のTS-1を投与した2例で骨髄抑制のため抗癌剤の投与を途中で中止した.CRT群では,ダウンステージングして手術を施行した症例は認めなかった.副作用はGrade3以上の血液毒性8例,Grade1/2の食思不振6例・悪心5例を認めた.1/3/5年生存率は59.8%/8.6%/8.6%で,77か月で原病死した長期生存例を1例経験した.NACRT群の副作用はGrade3以上の血液毒性15例,Grade1/2の食思不振9例・悪心3例を認めた.3例がStegeIVに進行し1例が胸膜炎を発症したため,33例中29例に手術が行われた.4例が遠隔転移または動脈浸潤で非切除となり,25例(切除75.8%)に根治術が行われた.R0は21例(84%).病理組織学的判定はGrade1a/1b/2/3が5/14/4/2で,pCRを2例(6%)に認めた.全NACRT群と切除されたNACRT群の1/3/5年生存率はそれぞれ72.1%/55.3%/49.8%,79.8%/66.9%/60.2%であった.【結語】本治療により約6%のCR症例が得られるものと推測された.NACRTは局所制御による切除断端の陰性化と潜在的な化学療法不応症例を顕在化することによる切除適格症例を選択することで良好な成績を得ることができるものと考えられた.

キーワード

臓器別:膵臓

手法別:集学的治療

前へ戻る