演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

軟部肉腫進行例に対する新規分子標的治療薬パゾパニブによる治療経過

演題番号 : O128-3

[筆頭演者]
平賀 博明:1 
[共同演者]
相馬 保:1、山本 励志:1、小山内 俊久:1、井須 和男:1

1:北海道がんセンター 腫瘍整形外科

 

 Pazopanibは軟部肉腫進行例に対する、初めての分子標的治療薬である。当科では8名の患者に投与したので、その有効性と毒性について報告し、今後の課題について議論する。症例と方法:症例は2012年から2013年にかけて当科でpazopanibを投与した軟部肉腫進行例の8例である。投与開始時年齢中央値は44.5才(20ー76才)。女性6例、男性2例。原発巣は6例が大腿軟部組織で2例が体幹であり、組織型は悪性線維性組織球腫、平滑筋肉腫、胞巣状軟部肉腫が各々2例、悪性末梢神経鞘腫瘍と滑膜肉腫が各々1例であった。前治療は補助療法を含め、0から4レジメンであった。治療対象病変は全例直近の増悪が確認された転移巣であり、肺転移巣が6例と最も多かった。5例には800mg/dayからの投与を行ったが、3例には600mg/dayからの投与を行い、用量変更基準に準じて減量を行った。腫瘍縮小効果についてはRECISTver1.1を、有害事象の評価はCTCAE ver.4.0を用いた。結果:休薬期間を含めた内服期間の中央値は、内服継続中の3例を含めて約12週(2ー28週)であり、800mg/dayの内服が可能であった期間の中央値は15日間(7ー45日間)であった。治療の中止理由はPDが4例、有害事象による本人の希望が1例であった。減量理由の約7割は下痢、腹痛等の消化器症状や倦怠感などの血液外毒性であった。毒性のプロファイルは過去に報告されたものと類似していた。Grade4の有害事象は認めなかった。胞巣状軟部肉腫の1例が14週でPR、もう1例が27週でSDを維持している。また、滑膜肉腫の1例が25週でSDを維持しており、そのうち22週間は200mg/dayの投与であった。他4例は2週から18週の経過でPDとなった。全生存期間の中央値は25週(4ー28週)であった。考察:血液外毒性による減量が多数を占めたことより、本薬剤による治療継続のためには、血液外毒性への対処が要であると思われた。また、臓器機能のほぼ正常な若年者でも800mgの投与が最高45日間であったことと、200mgの投与でも比較的長期間SDが維持できた症例を認めたことより、初期投与量について今後の検討が必要と思われた。

キーワード

臓器別:骨軟部

手法別:分子標的治療

前へ戻る