演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

三次治療以降のKRAS野生型Cetuximab投与例でのKöhne indexの有用性:HGCSG0901

演題番号 : O122-2

[筆頭演者]
結城 敏志:1 
[共同演者]
小松 嘉人:1、小林 良充:1、土井 綾子:2、辻 靖:2、畑中 一映:3、奥田 博介:4、藤川 幸司:5、細川 歩:6、渡邉 豊:7、山本 文泰:8、及能 健一:9、工藤 峰生:9、川本 泰之:9、坂田 優:10

1:北海道大学病院 消化器内科/腫瘍センター、2:斗南病院 腫瘍内科、3:市立函館病院 消化器科、4:恵佑会札幌病院 腫瘍内科、5:北海道がんセンター 消化器内科、6:富山大学附属病院 第三内科、7:函館中央病院 内科、8:苫小牧市立病院 消化器内科、9:北海道消化器癌化学療法研究会、10:三沢市立三沢病院

 

背景:5-FUベースの初回治療に際して、performance status(PS)、白血球数、ALP値、転移臓器個数に基づいたKöhne’s prognostic index(Köhne index)は予後因子として報告されている(Köhne CH, et al. Ann Oncol. 13:308-17, 2002)。しかし、三次治療以降にCetuximabベースの化学療法を行う症例に関して、Köhne indexが予後を規定する因子となるかは報告がない。
方法:全27施設が参加して行ったCetuximab使用症例における後方視的研究(HGCSG0901)に登録された全269例のうち、KRAS野生型で5-FU/Oxaliplatin/Irinotecanに不応/不耐となり、過去に抗EGFR抗体薬の投与歴がない切除不能進行結腸直腸癌症例を本解析の対象とした。全生存期間に関して単変量解析/多変量解析を行った。
結果:上記適格基準を満たした症例は269例中、127例であり、解析対象例の生存期間中央値は9.8ヶ月であった。Köhne index別の生存期間に関しては、low risk(n=40):13.1ヶ月、intermediate risk(n=17):9.6ヶ月、high risk(n=70):7.6ヶ月であった。各risk群別の比較ではlow riskとhigh riskの間には統計学的有意差を認めたが(p=0.004)、intermediate riskとhigh risk、low riskとintermediate riskの間には有意差を認めなかった(p=0.213, p=0.321)。単変量解析でp=0.2以下であった転移時期(同時性/異時性)、原発切除(有/無)、腹膜播種(有/無)、治療レジメン(Irinotecan併用/単剤)を加え、Cox比例ハザードモデルを用いて多変量解析を行ったところ、転移時期(hazard ratio(HR) 0.645, 95%CI: 0.420-0.991, p= 0.045)、治療レジメン(HR 1.976, 95%CI: 1.256-3.106, p= 0.003)、Köhne index(HR 1.370, 95%CI: 1.078-1.742, p= 0.010)で有意差を認めた。
結語:今回の検討においてKöhne indexが三次治療以降のCetuximab投与例においても独立した予後規定因子である可能性が示された。今後は前向き研究においての検証が望まれる。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:分子標的治療

前へ戻る