演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

75歳以上の高齢者切除不能大腸癌に対するXELOX+bevacizumab療法の第2相試験(ASCA)

演題番号 : O121-4

[筆頭演者]
畑 泰司:1 
[共同演者]
宗本 義則:2、石橋 敬一郎:3、三嶋 秀行:4、小林 道也:5、福永 睦:6、大辻 俊雄:7、大庭 幸治:8、坂本 純一:9、松岡 正樹:10

1:大阪大院医外科系臨床医学専攻外科学講座消化器外科学、2:福井県済生会病、3:埼玉医科大総合医療セ、4:愛知医科大学、5:高知大学医学部附属病院、6:市立堺病院、7:土庫病院、8:北海道大学、9:東海中央病院、10:松岡クリニック

 

背景:高齢者大腸癌に対する至適化学療法は定まっていない。XELOX (カペシタビン+オキサリプラチン)+bevacizumab (ベバシズマブ:BV) 療法は、切除不能進行・再発大腸癌の標準治療のひとつであり、65歳未満と65歳以上でBV併用による全生存期間の有意差は無いことがメタアナリシスで報告されている。しかし、75歳以上でのXELOX+BV療法の有効性と安全性に関する報告は少ない。目的:75歳以上の高齢者切除不能進行・再発大腸癌に対するXELOX+BV療法の有効性と安全性を確認する目的で、多施設共同第II相臨床試験を実施した。方法: XELOX+BV療法の投与スケジュールは、ベバシズマブ 7.5mg/kg、オキサリプラチン 130mg/m2をday1、カペシタビン2,000mg/m2をday1~15の3週1cycleとし、PDが確認されるまで投与を継続した。主要評価項目は無増悪生存期間、副次的評価項目は安全性、奏効率、治療成功期間、生存期間とした。院内IRBの承認を得た。(UMIN000003500)結果:2010年5月から2012年1月までに18施設から36例が登録された。主な患者背景は男性/女性:21/15、年齢中央値:78歳(75~86) 、ECOG PS 0/1:30/6、結腸/直腸:24/12。Ccr 60.2ml/分(32.6-84.6)。主なgrade3または4の有害事象は、高血圧(11.4%)、白血球減少(20.0%)、末梢神経障害(14.3%)、手足症候群(8.6%)、疲労(8.6%)であった。奏効率は55.6% (20/36)、DCR (CR+PR+SD)は91.7% (33/36), 治療成功期間中央値は209日であった。相対用量強度中央値は、オキサリプラチン0.89, BV 1.0, カペシタビン0.86であった。コース別の相対用量強度中央値は、カペシタビンは2コース目0.77, オキサリプラチンは5コース目0.70 と比較的早期に減量されていた。 腎機能と有害事象に関して、ベースラインのクレアチニンクリアランス (Ccr) 低値群では高値群と比べてgrade3以上の有害事象が有意に高かった(77.7% vs. 22.2%; P < 0.001)。結論: XELOX+BV療法は、適格基準を満たす75歳以上の高齢者切除不能進行・再発大腸癌において治療効果が期待され、カペシタビンとオキサリプラチンを早期に減量することで忍容性を保てる可能性があることが示唆された。また、grade3以上の有害事象の発現予測に腎機能評価が有用である可能性が示唆された。現在、無増悪生存期間、全生存期間を追跡中であり、本会では最新データを併せて報告する。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る