演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

大腸癌リンパ節転移診断におけるPET/CT検査の有用性について

演題番号 : O120-5

[筆頭演者]
岡林 剛史:1 
[共同演者]
長谷川 博俊:1、石井 良幸:1、鶴田 雅士:1、山田 暢:1、村上 康二:2、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学医学部 外科、2:慶應義塾大学医学部 放射線科

 

【背景】がん診療において、正確な術前診断を行うことは適切な治療方針を決定する上で非常に重要である。近年、PET/CT検査は悪性腫瘍に対する高いスクリーニング能力から、がん検診や転移・再発診断におけるその有用性が報告されている。しかしながら、消化器癌のリンパ節転移診断能に対する報告は少なく、その有用性は明らかではない。今回われわれは、大腸癌に対する術前リンパ節転移診断におけるPET/CT検査の有用性について検討を行うことを目的とした。【対象】2012年8月から2013年3月の間に、術前PET/CT検査を施行し,当院で手術を行った大腸癌74症例を対象とした。術前PET/CT検査によるリンパ転移診断の感度・特異度・陽性的中率・陰性的中率・正診率をretrospectiveに解析した。【結果】年齢の中央値66歳(41 - 91歳)、性別は男性32例、女性42例であった。最終診断はステージ0が3例、Iが21例、IIが18例、IIIが19例、IVが13例であった。このうち、術前PET/CT検査にてリンパ節転移ありと診断された症例は29例であったが、実際には28例(37.8%)で病理学的にリンパ節転移を認めた。リンパ転移診断の感度・特異度・陽性的中率・陰性的中率・正診率は、それぞれ67.8%、78.2%、65.5%、80.0%、74.3%であった。術前PET/CT検査にてリンパ節転移なしと診断され、病理学的にリンパ節転移があった症例は9例(12.1%)であったが、中間リンパ節に転移を認めた症例は3例であったが、いずれも2個以内の転移であった。逆に術前PET/CT検査にてリンパ節転移ありと診断され、病理学的にリンパ節転移がなかった症例は10例(13.5%)であり、これらのSUV maxの中央値は1.43 (0 - 4.36)であり、比較的低い値であった。また、側方リンパ節転移を認めた1例のリンパ節転移を術前に指摘可能であった。【結語】術前PET/CT検査を用いた大腸癌術前リンパ節転移診断は、有用であると考えられた。特に、術前PET/CT検査で転移なしと診断された場合に主リンパ節に転移を認めた症例はなく、手術の郭清度を考慮する際に有用であると考えられた。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:診断

前へ戻る