演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

転移・再発乳癌に対するフルベストラント治療の有効性と安全性の検証

演題番号 : O116-4

[筆頭演者]
高橋 將人:1 
[共同演者]
萩尾 加奈子:1、馬場 基:1、佐藤 雅子:1、富岡 伸元:1、渡邊 健一:1

1:国立病院機構北海道がんセンター 乳腺外科

 

【背景】閉経後ホルモン受容体陽性の転移再発乳癌症例には、一次内分泌治療としてアロマターゼ阻害薬を使用するが、一次治療に抵抗性となった場合の二次内分泌治療については、決定的な治療法は確立していない。CONFIRM試験により二次内分泌治療としてフルベストラント500mgの有用性が証明され、2011年11月より本邦でも保険適応となった。【方法】北海道がんセンター単施設で、2011年11月より2012年7月までにフルベストラント500mgの投与を開始した63例について治療効果および有害事象を検討した。投与はトレーニングを受けた看護師が両側臀部のクラークの点に筋注を行った。【結果】平均年齢は66.5歳、「ER+PR+HER2-」が77.8%、「ER+PR-HER2-」が19.0%、「ER+PR+HER2+」が3.2%であった。観察期間の中央値は14ヶ月。転移部位は骨転移のみの症例が15.9%,何らかの内臓転移を伴っていた症例が84.1%であった。再発後の前治療として内分泌療法のみが行われていた症例が30.2%、内分泌療法および化学療法が行われていた症例が69.8%であった。前治療として2レジメン以上使用されていた症例は82.5%であった。治療効果は、奏効率が9.5%、臨床的有用率は36.5%に認められた。無増悪生存期間(PFS)の中央値は143日であったが、300日を越える症例が20%以上存在した。化学療法を含めた前治療があっても、フルベストラントは治療効果を示した。有害事象に関しては注射部位の潰瘍が1例にみられたが、それ以外重篤なものはなく、看護師が安全に投与可能であった。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:内分泌・ホルモン療法

前へ戻る