演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

術前化学療法を施行した食道癌における原発巣の組織学的治療効果と化療後PETの検討

演題番号 : O112-4

[筆頭演者]
福田 周一:1 
[共同演者]
宮田 博志:1、宮崎 安弘:1、高橋 剛:1、黒川 幸典:1、山崎 誠:1、中島 清一:1、瀧口 修司:1、森 正樹:1、土岐 祐一郎:1

1:大阪大学消化器外科

 

【はじめに】本邦ではJCOG9907試験の結果を受けて、進行食道癌に対しては術前化学療法+根治手術が標準治療となっている。当科では術前化学療法としてFAP(5-FU 700mg/m2×day1-7+Adriamycin 30-35mg/m2×day1+Cisplatin 70mg/m2×day1)2コースまたはDCF(Docetaxel 70mg/m2×day1+Cisplatin 70mg/m2×day1+5-FU 700mg/m2×day1-5)2コースを行っているが、原発巣の組織学的治療効果と化療後PETの関連性についてはよくわかっていない。【目的】術前化学療法を施行した食道癌切除症例において、原発巣の組織学的治療効果と化療後PETデータを検討する。【対象と方法】2000年から2011年に当科で術前化学療法後に食道切除術を施行した胸部食道癌211症例を対象として、治療成績および化療後PETデータをretrospectiveに検討した。【結果】年齢は64.6±8.0歳、性別は男性/女性:173/38、組織型は扁平上皮癌/その他:207/4、占拠部位はUt/Mt/Lt:29/99/83、術前化学療法レジュメはFAP/DCF:180/31、pNは0/1/2/3:75/66/41/29、pStageは0/I/II/III/IV:12/34/58/74/33、原発巣の組織学的治療効果はGrade0/1/2/3:26/143/27/15であった。Grade0/1のnon-responder群(NR群)とGrade2/3のresponder群(R群)に分けて検討すると、5年生存率はNR群:47.3%、R群:68.1%でありR群が有意に良好であった(p=0.0426)。化療後の主腫瘍SUVmaxは、NR群:6.5±0.4、R群:2.5±0.8でありR群が有意に低値であった(p<0.0001)。化療後にPET陽性リンパ節(SUVmax 2.0以上)を認めたものはNR群:63例(37.3%)、R群:6例(14.3%)でありR群が有意に少なかった(p=0.0053)。Grade2とGrade3の化療後PETデータについて検討すると、化療後の主腫瘍SUVmaxはGrade2:2.6±1.2、Grade3:2.3±0.5であり、Grade2とGrade3の間に差を認めなかった。また、化療後にPET陽性リンパ節を認めたものはGrade2:4例(14.8%)、Grade3:2例(13.3%)であり、Grade2とGrade3の間に差を認めなかった。【結論】術前化学療法を施行した食道癌切除症例において、原発巣の組織学的治療効果と化療後PETデータは相関を認めた。しかし、原発巣pathological CRの判定に対する化療後PETの有用性は見いだせなかった。

キーワード

臓器別:食道

手法別:化学療法

前へ戻る