演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

当院における前立腺がん死症例の検討

演題番号 : O103-2

[筆頭演者]
大澤 崇宏:1 
[共同演者]
安住 誠:2、三浪 圭太:1、原林 透:1、永森 聡:1

1:北海道がんセンター泌尿器科、2:旭川医科大学腎泌尿器外科学講座

 

【目的】 前立腺がんの治療中に再燃・再発をきたし、がん死した症例における終末期合併症については不明な点も多い。前立腺がん死症例において、転移の出現、化学療法の導入、緩和的な介入(尿路および糞路)が、がん死のどのくらい前に確認され、局所初期治療が終末期の緩和的介入に及ぼす影響について検討を行った。【対象と方法】1998年1月から2009年12月までに北海道がんセンターで前立腺がん治療を行い、2012年12月までにがん死した62例を対象とした。対象症例の局所初期治療内容、転移部位および転移判明後の生存期間、化学療法が行われた時期、緩和的尿路および糞路介入後の生存期間について後方視的に検討した。【結果】初診時年齢中央値70歳、生存期間中央値41ヶ月、初診時PSA中央値125 ng/ml。初期治療は前立腺全摘7例、小線源挿入1例、放射線照射4例、ホルモン治療50例。転移部位は、肺3例、脳5例、肝8例、リンパ節22例、骨56例(脊髄神経麻痺を伴うもの10例)。転移判明後の生存期間中央値は肝1ヶ月、脳2ヶ月、脊髄神経麻痺5ヶ月、リンパ節23ヶ月、肺30ヶ月、骨30ヶ月。DP療法は22例に施行され、がん死の中央値19ヶ月前に導入されていた。尿路介入は20例(32%)に行われ、内訳と生存期間中央値は、腎瘻(1例、3ヶ月)、尿管ステント(2例、11ヶ月)、膀胱瘻(2例、17ヶ月)、経尿道的前立腺切除( 2例、12ヶ月)、経尿道的凝固止血術(3例、15ヶ月)、尿道カテーテル留置(10例、4ヶ月) であった。一方、糞路変向は2例(3%)に行われ、生存期間中央値は6ヶ月であった。また、外科的治療や放射線療法を局所初期治療としてうけることは、その後の尿路および糞路の緩和的介入の有無に影響していなかった(p=0.72)。【結語】前立腺がん死症例において、肝転移、脳転移および脊髄神経麻痺を呈した症例は予後が不良で、生存期間中央値は6ヶ月であった。62症例のうち20例(32%)に緩和的尿路介入、2例(3%)に糞路介入を要したが、局所初期治療内容はその後の緩和的尿路および糞路介入に影響しなかった。

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:緩和医療

前へ戻る