演題抄録

パネルディスカッション

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

cStage II/III食道癌の外科治療成績

演題番号 : PD9-3

[筆頭演者]
大幸 宏幸:1 
[共同演者]
小柳 和夫:1、藤田 武郎:1、金森 淳:1、藤原 尚志:1、小島 隆嗣:2、大津 敦:2

1:国立研究開発法人国立がん研究センター・食道外科、2:国立研究開発法人国立がん研究センター東病院・消化管内科

 

これまで、胸部食道癌に対して根治性を追求して3領域リンパ節郭清が行われ、周術期管理の向上も加わり生存率は改善した。しかし、手術単独での予後の向上には限界があり、当初は手術に影響を与えない術後補助療法を加えた集学的外科治療が行われ始めたが(JCOG9204)、術前vs術後化学療法のランダム化比較試験が行われ(JCOG9907)、現在ではcStage II/III食道癌に対する標準的治療方法は術前補助化学療法+手術となった。更に、術前DCF療法と術前FP-RT療法のphaseI/II臨床試験の結果より、cStageIIIに対する有効性が期待されている。また、手術において開胸開腹から胸腔鏡によるがん切除と腹腔鏡による再建からなる低侵襲手術が行われ、集学的外科治療は進歩している。当院におけるcStage II/III食道癌に対する集学的外科治療成績を明らかにする。
【対象と方法】
国立がん研究センター東病院で2009年から2015年にcStage II/III食道扁平上皮癌に対して術前化学療法+1期手術を行った133例を対象とした。対象症例の年齢中央値は63.5歳、男性/女性=105/28、臨床病期II/III=41/92であった。この133例をNeoDCF群78例とNeoFP群55例の2群に分け治療成績を比較検討した。
【結果】
男女比はNeoDCF群64/14例・NeoFP群41/14、腫瘍主占拠部位はNeoDCF群Ut/Mt/Lt=12/41/25・NeoFP群Ut/Mt/Lt=5/35/15、臨床病期はNeoDCF群II/III=18/60・NeoFP群II/III=23/32、周術期合併症率はNeoDCF群56%・NeoFP群47%で在院死亡は認めなかった。1年OS(%)はNeoDCF/NeoFP=91/89、2年OS(%)はNeoDCF/NeoFP=85/78、3年OS(%)はNeoDCF/NeoFP=82/71であった。また、病期別OSに関しcStageIIの3年OS(%)はNeoDCF/NeoFP=100/96と同等であったが、cStageIIIの3年OS(%)はNeoDCF/NeoFP=74/53(p=0.03)と有意差を認めた。
【結語】
cStage II/III食道癌に対して、cStage IIにはNeoFPがIIIにはNeoDCFが行われている傾向にあり、cStage IIIに対してNeoFPよりNeoDCFが有意に予後向上に寄与していた。

前へ戻る