演題抄録

パネルディスカッション

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

手術省略のための術前化学療法の臨床研究 CohortおよびFeasibility Study

演題番号 : PD8-4

[筆頭演者]
石川 孝:1 
[共同演者]
成井 一隆:4、菅沼 伸康:2、千島 隆司:5、菅江 貞亨:3、寺岡 冴子:1、山田 顕光:4、海瀬 博史:1、山田 公人:1、浅岡 真理子:1、佐藤 永一:6

1:東京医科大学・乳腺科、2:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター・乳腺内分泌外科、3:横浜市立大学・医学部・乳腺外科、4:横浜市立大学・附属市民総合医療センター・乳腺・甲状腺外科、5:社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市南部病院・乳腺外科、6:東京医科大学・病理部

 

術前化学療法を行って病理学的に完全奏効(pCR)した症例の予後は明らかに良好であり、薬物療法の進歩により、ホルモン陰性乳癌では半数近くの症例でpCRが得られるようになってきた。そのため画像診断の進歩とあいまって、pCRが術前に予測される症例に対して手術を省略する治療も視野に入ってきた。現在、手術省略を目指した術前化学療法のCohortおよびFeasibility Studyを行っている。
1)pCR症例に対するCohort Study: 術前化学療法が施行された乳癌1599例のうち、pCRが得られた395例を対象として、再発率、再発部位および危険因子を調査した。pCRの定義は、原発巣のみで判断し、浸潤巣の完全消失とした。サブタイプ別にはLuminal:50例、Luminal-HER2:98例、HER2:116例、Triple negative:131例であり、平均観察期間42カ月で、pCR178例中で再発は23例(5.8%)に見られた。サブタイプ別では、Luminal: 1例(2.0%)、Luminal-HER2: 4例(4.0%)、HER2: 12例(10.3%)、Triple negative: 6例(4.6%)であった。HERタイプで有意に高い再発を認め、再発部位は、脳および臓器転移が多かった。局所再発は、全体で5例(1.2%)であった。再発危険因子の多変量解析では、臨床病期とリンパ節転移の遺残が抽出され、乳管内病変の遺残は残らなかった。
2)cCR症例に対する手術省略のためのFeasibility Study:2013年10月から術前化学療法の症例を対象に化学療法後に造影MRIでCRが得られた症例対して、全麻下で執刀前に超音波ガイド下で針生検を行ない、針生検と手術の検体を病理学的に比較する手術省略のための安全性試験を多施設共同研究として行い(UMIN000012035)、今年3月で87例の登録を終了して、現在解析中である。
Cohort Studyの結果からpCR症例の局所再発率は低いため、センチネルリンパ節生検のFeasibility Studyを振り返って考えると、今回のFeasibility Studyの結果で正診率が90%以上であれば、手術省略のObservational Studyに移行しうると考えている。

前へ戻る