演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

乳癌と悪性黒色腫の重複癌の一例

演題番号 : P56-5

[筆頭演者]
岡本 光祈子:1 
[共同演者]
小坂 愉賢:1、菊池 真理子:1、信太 昭子:1、田中 蓉子:1、加藤 弘:1、仙石 紀彦:1、渡邊 昌彦:2

1:北里大学・病院・乳腺甲状腺外科、2:北里大学・病院・外科

 

症例は70歳代女性。左前腕の黒色結節を自覚し、近医皮膚科より当院皮膚科に紹介となった。悪性黒色腫疑いにて全身精査を行った際、左乳腺腫瘤を指摘され当科紹介となった。黒色結節は切除生検を行い、悪性黒色腫と診断された。左乳房AB領域に可動性良好な1cmの腫瘤を認めた。腋窩リンパ節腫脹は認めなかった。超音波検査で左乳房B領域に7mm腫瘤を認め、FNACの結果、悪性と診断された。
左乳癌T1N0M0 stage1と診断し、乳房温存手術、悪性黒色腫に対する拡大切除、およびセンチネルリンパ節生検を予定した。センチネルリンパ節生検は、手術前日に左乳房と左前腕にTcを皮下注した。Lymphoscintigraphyを行い、センチネルリンパ節を一つ認めた。手術時、ICGを用いた蛍光法も併用し、センチネルリンパ節を同定、術中迅速診断では陰性であった。乳房温存手術、前腕皮膚拡大切除は予定通り施行した。乳癌の病理結果は、浸潤性小葉癌、ER75%以上、PR75%以上、HER2(1+)、Ki67:10-20%、SN(-)であった。
今回、同側に発生した乳癌と悪性黒色腫に対するセンチネルリンパ節生検を行い、センチネルリンパ節を同定し得た症例を経験したので報告する。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:手術療法

前へ戻る