演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

乳腺原発脂腺癌の1例

演題番号 : P56-4

[筆頭演者]
篠塚 高宏:1 
[共同演者]
林 裕倫:2、佐藤 文哉:1、藤田 恵三:1、中川 暢彦:1、末岡 智:1、村井 俊文:1、阪井 満:1、橋本 昌司:1、永田 二郎:1

1:一宮市立市民病院・外科、2:一宮市立市民病院・乳腺・内分泌外科

 

(はじめに)
脂腺癌は脂腺導管の上皮細胞から発生する悪性腫瘍で、その多くは皮膚に発症する。皮膚癌のなかでも脂腺癌の発症頻度は低いとされている。今回我々は乳房に発症した乳腺原発脂腺癌症例を経験したので報告する。
(症例)
57歳女性。右乳癌術後(右乳房切除、センチネルリンパ節生検、腹直筋皮弁再建)、手術病理:非浸潤性乳管癌で経過観察中、術後3年経過したところで左乳房に腫瘍がみつかり、精査施行。左乳房MMG Cat4(比較読影にて濃度上昇、構築のみだれ),USでは左乳頭直下に内部不均一な13x13x8mmの低エコー腫瘤、前方境界線断裂にてCat4。
組織診:浸潤性癌。左乳癌T1N0M0 ステージⅠ。
乳房切除+センチネルリンパ節生検および乳房同時再建施行。(エキスパンダー挿入)
手術病理:最大浸潤経 20mm。軽度好酸性の泡沫状細胞質を融資、核の大小不同を認め、小胞巣を形成し浸潤性に増殖しており、乳腺原発脂腺癌と診断した。エストロゲン受容体 陰性、プロゲステロン受容体 陽性、HER2 陰性であった。Ki67 標識率は30%であった。
今回の乳癌症例は極めて稀な特殊型の乳癌でしかもアンドロゲン受容体陽性乳癌であった。術後の補助療法はベースライン再発リスクを考慮して、ドセタキセル+シクロホスファミド(TC)療法を4サイクル施行し、その後フォロー中再発認めていない。
(まとめ)
乳腺原発脂腺癌はPUBMED,医中誌で乳癌、脂腺癌で文献検索を行ったところ、ごくわずかの症例報告の報告をみるのみであった。今回は乳腺脂腺癌の診断はもとより、実臨床では術後の治療の必要性および、行うとしたらどの治療薬の選択がよいのかに焦点を絞って述べてみたい。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:手術療法

前へ戻る