演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

術前経過中に自然退縮した乳癌の1例

演題番号 : P56-3

[筆頭演者]
信太 昭子:1 
[共同演者]
小坂 愉賢:1、岡本 光祈子:2、田中 蓉子:1、菊池 真理子:1、加藤 弘:1、仙石 紀彦:1、梶田 咲美乃:2、渡邊 昌彦:3

1:北里大学・病院・乳腺甲状腺外科、2:北里大学・病院・病院病理部、3:北里大学・病院・外科

 

悪性腫瘍の自然退縮は稀な病態であり,乳癌の自然退縮に関しても少数の報告例があるのみである.今回われわれは,自然退縮をきたした乳癌の症例を経験したので報告する.
症例は56歳女性.11年前に左乳癌に対し当院で手術を施行後,術後放射線治療と内分泌療法を行い,近医にて経過観察となった.今回,乳癌検診で右乳房腫瘤を疑われ当院を紹介受診した.右乳房AC領域に1cm大の触知可能な腫瘤を認め,穿刺吸引細胞診で悪性(malignant)であった.精査し左乳癌cT1N0M0 StageⅠの診断であり,初診より76日目に右乳房温存手術とセンチネルリンパ節生検を施行した.手術時,触診で腫瘤が触れず超音波で検索し,初診時に腫瘤が存在した部位に5mmの腫瘤を認めた.同腫瘤を中心に乳房円状部分切除を行い,術中検体のマンモグラフィーにて腫瘤陰影を確認し手術終了した.また,術中断端,センチネルリンパ節生検は陰性だった.肉眼的には切除検体の中央付近の底面側に2×1cm大の腫瘤を認めたが,病理組織学的所見では当初5mmの腫瘤があるものの炎症細胞主体で癌細胞を認めないとの報告であった.再度薄切と免疫染色を施行し,CK5/6に染まる腫瘍細胞を認め,形態的に髄様癌または髄様癌様の浸潤性乳管癌と診断された.ホルモン陰性,HER2陰性であり,腫瘍径は2mmで初診時の所見より明らかに縮小していた.
悪性腫瘍の自然退縮の機序として,外傷,薬物,免疫,内分泌の影響,感染など様々なものが考えられている.髄様癌では,著名なリンパ球浸潤を伴うことが多く,本症例も同様の所見であった.可能性として,ごく小さい病変に炎症反応が伴って1cmの腫瘤に見えた可能性,あるいは1cmの腫瘤が何らかの免疫応答で小さくなった可能性が考えられた.

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:手術療法

前へ戻る