演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

高齢者大腸癌(80歳以上)に対する腹腔鏡下大腸切除術の検討

演題番号 : P23-3

[筆頭演者]
小野里 航:1 
[共同演者]
穂坂 美樹:1、水口 法生:1、大友 直樹:1、尾崎 貴洋:1、石井 智:1、田中 求:1、中村 和徳:1、水谷 知央:1、峯田 章:1、栗田 淳:1、大村 健二:1、若林 剛:1、渡邊 昌彦:2

1:医療法人社団愛友会上尾中央総合病院・外科、2:北里大学・医学部・外科

 

<はじめに>高齢者は臓器予備能が低下していることが多く,腹腔鏡下手術は低侵襲手術として普及している.したがい腹腔鏡下手術は臓器予備能が低下していることが多い高齢者に適していると考えられる.
<目的>高齢者大腸癌(80歳以上)に対する腹腔鏡下大腸切除術の安全性を明らかにする.
<対象>2012年4月から2016年3月までに当院で施行した大腸癌切除症例689例を対象とした.
<方法>腹腔鏡下大腸切除を施行した大腸癌158例を,80歳以上の高齢者大腸癌O群24例と,80歳未満の若年者大腸癌Y群134例の2群に分け手術成績を比較検討した.
<結果>高齢者大腸癌O群の平均年齢は83.1(80-88)歳,男女比は18:6,平均腫瘍径は28.6mmで観察期間(中央値)は20.0ヶ月であった.出血量は25.0ml,手術時間は226.5分,飲水開始日は1.0日,食事開始日は3.0日,術後在院日数は10.0日で,術後合併症は認めなかった.高齢者大腸癌O群と若年者大腸癌Y群の比較では患者背景に有意差はなかった.手術時間や出血量などの手術成績と術後合併症や術後入院期間などの短期成績にも有意差はなかった.
<まとめ>高齢者大腸癌O群での腹腔鏡下大腸切除術の短期成績は,若年者大腸癌Y群と比較し有意差はなかった.
<結語>腹腔鏡下大腸切除術は高齢者大腸癌(80歳以上)においても安全に施行可能な術式であった.

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:内視鏡手術

前へ戻る