演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

当科におけるCapeOXを術後補助化学療法として施行した大腸癌症例の治療成績

演題番号 : P138-5

[筆頭演者]
末次 智成:1 
[共同演者]
松橋 延壽:1、高橋 孝夫:1、棚橋 利行:1、松井 聡:1、今井 寿:1、田中 善宏:1、山口 和也:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学・医学部附属病院・腫瘍外科

 

【緒言】NCCNのガイドラインにおいては大腸癌StageⅢの術後補助化学療法はオキサリプラチン(L-OHP)をベースとした強力な治療(FOLFOX、CapeOXまたはFLOX)がCategory1で推奨されている。
一方でCapecitabineによる手足症候群やL-OHPによる末梢神経障害はレジメン継続に関わる有害事象となりえる。当科における術後補助化学療法としてのCapeOXの安全性、有効性、短期成績および長期成績に関して検討した。
【対象】2012年4月から2016年6月までに当科で原発性大腸癌に対して手術を行った631例のうち術後補助化学療法としてCapeOX療法が施行された37例
【結果】年齢の中央値は57.3歳(18-73)、男女比は18:19。腫瘍の主な局在はC/A/T/D/S/Rs/Ra/Rbが1/2/8/2/8/6/1/9で開腹手術と腹腔鏡下手術はそれぞれ9例、28例であった。
腫瘍の深達度はT1/2/3/4a/4bが2/4/18/11/2であり、主な病理型はtub1/tub2/muc/pap/por1が3/30/1/2/1であった。郭清されたリンパ節の平均個数は26.9個(4-89)でリンパ節転移の平均個数は3.8個(0-15)であった。最終診断(UICC TMN 7th.)はStageIIB/IIC/IIIA/IIIB/IIICが1/1/5/14/16であった。
有害事象(CTCAE v.4.0)においては手足症候群はGrade1/2/3が7/3/1例でありGrade0は26例(70.3%)であった。末梢神経障害はGrade1/2/3が21/2/1例でありGrade0は13例(35.1%)であった。その他Grade3以上の有害事象は肝機能障害/好中球減少/食欲不振/嘔吐が7/3/3/2であった。
5例がJFMC47 4コース投与群に登録されており、それらを除いた32例のCapecitabine 8コース完遂率は75.0%、L-OHPの8コース完遂率は56.3%であった。
観察期間は187-1669日(中央値:887日)で生存率は94.5%、再発は4例、うち死亡は2例に認めており、いずれもStageⅢC症例であった。
【結語】当科においては大腸癌術後補助化学療法としてのCapeOX療法は安全に施行され、StageⅢC症例を除いて再発を認めなかった。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る