演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

抗がん剤調製環境下の曝露現状評価

演題番号 : P105-6

[筆頭演者]
安達 和宏:1 
[共同演者]
麓 祥一:2,3、錦 耕平:2,3、本室 貴子:1、小畑 伸博:1、中村 太郎:4

1:大分中村病院・薬剤部、2:大分中村病院・外科、3:大分大学・医学部・消化器・小児外科学講座、4:大分中村病院・整形外科・リハビリテーション科

 

【はじめに】抗がん剤はがん細胞に対して増殖を抑え破壊作用がある反面、変異原性、催奇形性、発がん性が証明されているものが多く、近年、医療従事者の職業性曝露の予防が重要になってきている。当院においては、抗がん剤調製時に生物学的安全キャビネットクラスⅡB2を用いているが、実際の曝露状況の把握はなされておらず、必要な現状対策のためにも、その把握は必要である。【目的】抗がん剤調製環境下の汚染状況調査を行い、曝露対策を進める。【対象と方法】対象薬剤はフルオロウラシル。測定場所は、安全キャビネット内、安全キャビネット内前方排気口付近、ミキシング後の輸液バッグ、調製時に使用したガウン及び手袋の5箇所とする。測定方法は1日のミキシング終了後にふき取り法及び抽出法により行う。【結果】測定日のフルオロウラシルの総ミキシング量は計2100mgであった。ミキシング後の輸液バッグ及びガウンからはフルオロウラシルは検出限界以下であった。一方、安全キャビネット内からは74ng、安全キャビネット内前方排気口付近からは157ng、手袋からは3.7ngそれぞれ検出された。【考察】ガウンからフルオロウラシルが検出されなかったことから、安全キャビネットの有用性、必要性が再確認できた。一方、安全キャビネット内において、抗がん剤調製作業に伴う飛散による汚染が確認された。特に、安全キャビネット内前方排気口付近から検出が多かったことから、調製時に前方で作業していたか、あるいはエアゾル化したフルオロウラシルが排気される時に付着したと考える。発生するエアゾルを封じ込める閉鎖式接続器具の使用により、更なる汚染防止は可能であるが、高価な器具であることから、薬剤別、症例数、経費、安全性などを含めた総合的な検討を進めている。本調査結果を全ての調製する薬剤師に周知し、個々人で気をつけるべき対策を指導するとともに、病院側と経費的な内容も含めた総合的検討を進め、安全な抗がん剤調剤環境下にて作業ができるよう積極的な取り組みを続けていきたい。

キーワード

臓器別:その他

手法別:支持療法

前へ戻る