演題抄録

一般口演

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

サルコペニアは高齢胃癌患者における術後予後不良因子となるか

演題番号 : O36-6

[筆頭演者]
山本 和義:1,2 
[共同演者]
平尾 素宏:2、西川 和宏:2、柳本 喜智:1、大森 健:1、藤谷 和正:3、杉村 啓二郎:1、秋田 裕史:1、和田 浩志:1、高橋 秀典:1、安井 昌義:1、宮田 博志:1、大植 雅之:1、矢野 雅彦:1、辻仲 利政:4

1:地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪国際がんセンター・消化器外科、2:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター・外科、3:地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立急性期・総合医療センター・消化器外科、4:市立貝塚病院・外科

 

【背景】
我々はこれまで、高齢胃癌患者におけるサルコペニア(加齢に伴う筋力・筋肉量の減少)症例では術前摂取エネルギー量、タンパク質量が非サルコペニア症例に比べて有意に少なく、サルコペニアが術後重篤な合併症発生の独立したリスク因子(OR 5.12, 95%CI 1.14-25.61, p=0.033)であることを報告してきた(Fukuda Y, Yamamoto K, et al. Gastric Cancer 2016)。先行研究と同一コホートを対象にして、サルコペニアが術後長期成績に与える影響について検討した。
【対象と方法】
2012年7月~2015年1月の期間で、当科にて行った65歳以上の高齢胃癌切除症例99例から、遠隔転移(M1)症例9例を除いた全90例。Kaplan-Meier法を用いてDFS、OS、Cancer specific survival (CSS)、Non-cancer specific survival (Non-CSS)、再発後OSについてサルコペニア群、非サルコペニア群の2群間で比較した。
【結果】
サルコペニア群19例、非サルコペニア群71例。サルコペニア群は有意に男性が多く(p=0.014)、BMIが低値(18.9 vs. 22.7 kg/m2, p=0.0026)で、Stage IIIの進行癌症例が多かった(52.6 vs. 14.1%, p=0.0008)。DFS、OSはいずれもサルコペニア群で不良であった(p<0.0001)。OSについて死因別にCSS、Non-CSSに分けて検討してもいずれも有意にサルコペニア群で予後不良であった(p<0.0001、p=0.013)。再発後の治療戦略(化学療法の有無/レジメン数)については両群間で同等であったが、再発後OSはサルコペニア群の方が不良であった(p=0.045)。FOllow-up loss症例はないものの、3年以内の打ち切り症例もあり、さらなるfollow-upに加えてサルコペニア症例が予後不良となるメカニズムについての検討が必要である。
【結語】
サルコペニアが高齢胃癌患者の長期成績に与える影響について検討した。

キーワード

臓器別:胃・十二指腸

手法別:チーム医療

前へ戻る